2012年5月31日木曜日

いよいよ!

準備は出来たような...出来てないような...今日出発なんて信じられないのが実感です。

レンタカーもWeekly Specialみたいな1週間単位で借りると割引になるが予約できたし。

今回始めて契約したのは、インターネットがどこでもつながる携帯型のWifi。ハワイ仕様の電波でTmobile。一日900円。高いんだか安いんだかよく解らないんだけれど、iPhoneからPCまで5台つながるし、屋外でも使えるから今回の旅には必須でした。

あと準備したのはマクロレンズ。これはジムさんからのリクエスト。レンズは友人から借りて、使い方もカメラマンから講習受けました。何度も教わっているのに、いまだシャッタースピードと露出の関係値が理解できていなくてバカにされています。カメラにまかせっきりだとなかなか覚えないんですよね。それなりにキレイに撮れちゃうし。オートマ車から久しぶりにマニュアル車に乗り換えるつもりで練習中。

用意したのはこれくらい。
今日は午前中に雑誌社に原稿2つ入稿したら午後から自分の準備します!そうしら少し実感湧いてくるでしょうか?

しばらくパグちゃんともお別れです。

2012年5月28日月曜日

Mele Pa Bowman

メレ・パ・ボーマン別名Evergreen Singapore YELLOW。常緑種のオブツサ種の代表Singapore Whiteとルーブラ種で一番メジャーなCeladineとの交配種。

最強の掛け合わせでしょ!?プルメリアのサラブレッドだと思いません?
見た目はシンガポール。でも色は黄色なんです。

これを、3年前から育てているのですが一向に発根しない...。最強プルメリアの掛け合わせは最強に難しくもあります。今年も懲りずにリベンジ!
今年は特にカルスの状態もすごく良かったからすぐに発根しそうだったのですが...
1ヶ月経ち、なんと花芽がぐんぐん生長。葉っぱも1枚伸びてきていますが...。
でも、全然喜べません。枝に少し縦じわが入ってきました。この状態では多分根出てないと思います。自分の水分だけである程度生長できちゃうので、こういう所は難しいと感じる所ですよね。

花芽もたくさんついていてぷっくり丸くてすごくカワイイ!しばらく眺めてから...諦めて花芽をポキッ!! 残念ながら花芽が伸びちゃうと根が出ないと判断いたしました。
しかもこの苗木、枝分かれしていたからハワイから持って帰ってくる時、一方が少し折れちゃってて。かわいそうに。でも乾いたら大丈夫そう。

さて、あとは待つことしか出来ないのですが...花芽とったから大丈夫だといいけれど。半分以上シンガポールのDNAだとすると育て方もシンガポールぽくって事かな。
個人的な見解ですが、シンガポールホワイトは梅雨の時期に植えると早く根付くような気がしています。...空気中の水分!? (あくまで今まで育ててきた中での印象ですが)

あまり見ていると気になるから、しばらく会えないのはちょうどいいのかも知れないですね。(前向きに判断)

*表紙の写真と特集内容とは関係ありません。

2012年5月27日日曜日

ひたすら植え付け

今日は暑かったですね。
午前中の作業を終え、お昼は暑すぎたので、少し日が傾いてからひたすら「植え付けと植え替え」が夜まで続きました。

ジムが植え付けた小さめのCandy Stripeのポット苗を植え替えながら、
「なぜみんな大きい(長い)カッティングを欲しがる?」って前回聞かれたの事を思い出しました。それはやっぱり同じ値段だったら大きい方が喜ばれるでしょ。ボリューム感があるし。って話しをして。「でも、長くても短かくても開花には関係ないぞ!」と言われた。

ふむ~。

日本だと1鉢を大切に大切に育てている人がほとんどだから、ある程度ボリューム感が欲しいですよね。やっぱり40cm前後がうれしいサイズかな。それ以上大きいと重くなりすぎるし、持って帰ってくる時にかさばるのでちょっと扱いづらくなります。

暑くてビール飲みたいのをガマンしながらも、時間がなくて植えられなかった苗木は懲りずにまとめてジャンク植え。数を多く植えなければいけない場合は小さい苗の方が楽そうですね。ちょっと農家さんの気分が分かった瞬間でした。

今日は疲れました~。昼間は寝てしまいそうで飲めなかったビールは寝る前に飲もうかな。
仕事を終えた午後にいつもビール飲んでるジムさんですが、今回は毎日ビールお付き合いできますよ!
そういえば、キリンビール飲んでたよ。車はトヨタ大好きでしょ。親日家でホント良かった。私は運転あるから飲まないって言ったら、伊藤園の“お~いお茶”が出てきたからね。

2012年5月26日土曜日

花芽見つけた!

今日は朝から1週間ぶりにプルメリアにたっぷり水をやりました。6月は放ったらかしになりそうなので、今のうちに鉢の置き場所を試行錯誤。

昨年くらいから、Dwarf Singapore Pinkを少し増やしています。いつもは扱い易いプラスチック鉢しか使っていませんが、ミニチュア種なので、しばらく植え替える必要がありません。ちょっと重いけれど、可愛い鉢に植え替えてみました。

冬の寒さと乾燥で限界くらいシワシワになっていたプルメリアたちは、水分を吸収して元に戻るのに時間がかかっています。まだ葉っぱでてないし...。そんな状態でも花芽を発見!! Puu Kaheaです。大好きな品種の一つなので楽しみです。まだシワシワが残っているのがちょっと心配ですが、6月の終わり頃には元気に生長している事を願ってます。

今朝のInterFM Lazy Sundayの番組にクラークが出演してたんですって!残念、聞きそびれました。
今日は2時からお台場のMega Webで講演がありますよ。

スリップスは味方なの?

一昨年に植えた家のバラが生長し満開を迎え (やっぱりバラも地植えだとあっという間に育ちますね) 一度自分のお風呂でやってみたかったバラ風呂に挑戦♡

ビニール袋一杯に摘んだバラを持ってお風呂へ!ワクワクしながら、バラの花弁をつまんでお風呂へ浮かべようしたら...。
ん...? 花弁から何か小さいものが飛び出してきました。

わっ!! スリップス!!!

スリップスは花の花粉を食べる極小の虫で和名はアザミウマ。プルメリアにも付く虫で、花びらの形が奇形になったりします。一度出ると花弁の奥に潜んでいるので駆除が難しい害虫でもあります。

そんな訳でスリップスを取る為に水を張ったオケにバラの花弁を浮かべていたら、もう....バラ風呂の優雅さは何処へやら....なんかどうでも良くなってきちゃって。

そういえばこの前、JLナーセリーで「知ってるか?プルメリアの種はスリップスが受粉して作っているんだよ」って言われたのを思い出しました。

そう言われてみれば、プルメリアの花弁の奥の方に入って動き回れるサイズの昆虫は少なく、スリップスは確かに入っていけるなと。
だとすると、スリップスはひとえに害虫とは言えないのかもしれないですね。

それでも自家製バラ風呂はとても良い香りでしたよ!ひとつの花でこんなに沢山の色があるなんてやっぱりバラって繊細で美しいですね。



ようやく週末

来週金曜日からハワイだと思うと、ちょっと焦ります。仕事はなるべく終わらせておきたいと思うので、仕方なく週末もお仕事。ようやく一段落。今日もお台場のガンダムを眺めながら帰宅。お疲れ様~。

しばらく連絡してなかったのでジムにも「来週末からよろしくお願いします。」とメールしたら「大丈夫だよ!こっちは部屋の準備も出来てるよ!」とすぐに返事が!...ちょっと安心。

いつもハワイへの準備は前日だったけれど、さすがに今回は早めにバッグ広げて思い付いたものから詰め込んでます。なんか、高校の夏休みに行ったホームステイみたいな気分です。ワクワク♪ さて、そろそろテンションあげていかないと!

そういえば、ジムさんの息子のクラーク・リトルさんが今、日本に来てますよ!先週末はグリーンルームフェスティバルというアートと音楽のイベントに出ていました。今日は代官山のギャラリー。明日はお台場のビーナスフォートにあるMEGA WEBで写真展。彼の写真でラッピングした車も置いてあります。映像による彼の紹介や写真集の販売やサイン会もあります。お時間のある方はぜひ!
私としては、クラークの写真が素敵なのはもちろんだけれど、写真集前半の彼の生い立ちの写真に写っている若い頃のジムやドリックが感激でした!ジムがあのアンセル・アダムスの授業を受けている写真も掲載されていて衝撃!! あのアンセルアダムスですよ!! (←分かる人には解ります)

話しはそれましたが、クラークの展示会は1:00~4:00まで行なっています!ハレイワのクラーク・リトル ギャラリーに行けない方はこの機会にぜひ!ハレイワのギャラリーではなかなか会えないけれど、明日は本人会える確率100%です。(笑)

http://www.clarklittlephotography.com/bio_jp.php

2012年5月24日木曜日

気候の変動期

昨日、宇宙とか銀河レベルの話しをされて、なんだか小学校の頃に感じた感覚を思い出しました。(ブラックホールの事を考えて眠れなくなった事ってありますよね!?)

ここ数日、天気がいいのか悪いのか良くわからない日が続いておりますが、びっくりする程気温が上がったり下がったり、大雨が降り続けたり、ヒョウまで落ちてきて、100年に一度の○○とか、200年に一度の○○とか...。というニュースがあたりまえになってきた気がします。

昨日の長沼さんの話しによると、いま地球はちょうど気候の変動期にあたるらしいのです。
地球のサイクルは「1万年の温暖期」と「10万年の氷河期」を繰り返していて、今はちょうどその境い目。科学者の目から見ると、氷河期がいつきてもおかしくないらしいです。
世界的には温暖化の話しが議題ですが、温暖化で文明は滅びないが、氷河期が来てしまうと文明は滅びるらしいのです。確かに氷河期が10万年も続いたら人間も栄えた「歴史」として刻まれるコトになってしまいそう(汗)

地球規模では色々変化がありそうですが、私たちも地球の一員として、今はこの比較的安定した温暖期を大切に思い、楽しみたいですね!

科学者のことば

先日行った日本科学未来館の続きのようだが、今日は科学界のインディ・ジョーンズとの呼び名で最近テレビでも活躍されている、広島大学 生物生産学部の長沼毅 先生がtheSOHOビルに来てくださってお話しを聞くことができた。

話しが上手で科学ベタな人にもわかりやすく「深海・地底・南極などの辺境から宇宙に広がるライフ」というテーマの話しをしてくださいました!

長沼さんは海底火山のエネルギーを使用して高熱の場所で生きる“チューブワーム”という、物を食べない「植物みたいな動物」の研究をしています。
宇宙飛行士のセミファイナリストにも残った方ですが、最終的には野口さんに(笑)

色々な自分の失敗談も話した上で「山はどこから登っても頂上は一緒だよ!」時間がかかっても諦めないで登り続ける事が重要だと教えてくださいました。

「思いこみを捨て、思いつきを拾う」
「どうせするなら、しなかった後悔よりした後悔。」などなど、思いつきだけで(思いこみもあるかも)1ヶ月間ハワイに滞在する事にしてしまった私の背中を押してくれるような (そもそも、誰にも止められなかったが...) 勇気の湧く人生のお話しも。

「生物量の総体重」
植物:1~2兆トン
人(70億人):3.5億トン
微生物:3000億トン
(うち地下には3~5兆トン)

微生物なんて目に見えないのに、こんんなに沢山いるらしい。地球は太陽があって成り立つ惑星だと思っていたが、太陽なんかなくても地球は違う形で生き続ける。ーーーという壮大な考えにまでたどり着いた(笑)

近いうちに氷河期が来るかも...という話しとか、人ごとではない科学のお話しに興味のある方はYouTubeの動画サイトで検索してみてください。千原ジュニアさんの番組にゲストとして出演もされていて面白い話しが聞けますよ!

2012年5月23日水曜日

8011web.comがリニューアル

8011web.comはハワイの情報を発信しているウェブサイトです。しばらくリニューアルの為、クローズしていましたが、再びハワイの音楽、ライブ情報、ウクレレ、に特化したサイトとしてリニューアルされました!


プルメリアユニバーシティの掲示板(BBS)はもともと、8011web.comのコンテンツの一つとしてはじめました。

今では、プルメリアの育て方を日々研究しているメンバーがプルメリアの質問に答えてくれるお助けサイトとしてとても親しまれています。メンバー、そして8011webさんありがとう!新しくなったサイトにもこの掲示板は継続されています!


8011web.comの修さんは音楽評論家としての顔も持っています。ハワイイ音楽情報のポータルサイトとして、色んな情報を知ることができます。Facebookとツイッターでの発信をまめに行っているので、こちらの方が早く情報が得られそうですよ。

ハワイイウェブのサイトはこちら


2012年5月21日月曜日

青色プルメリア

ハワイの友人からメールがあった。半信半疑だけれど、個人売買のネット(eBay)でタイの業者から青い花色のプルメリアを購入したって。

「信じなぁ~~~い!!」

と返事しましたが、内心ぜひハワイで咲かせて!ホントの色が見てみたい!と思ってます。

ジムさんの作った品種の中で一番青色に近いのは、青みがかったパープル色の“メタリカ”です。(本人は販売した覚えはないらしいが) JLメタリカがタイのネット上で販売されていて、その写真はハワイで育てているものよりものすごく濃い青色になっていたらしい。

私的には絶対画像処理してる!と思っているのですが、もしかしたらタイの太陽は花色をより濃くするほどの強烈さがあるのかも知れない。タイは種から育てたプルメリアが8ヶ月で咲くほどの生長っぷりです。どんなプルメリアが生まれても不思議ではない!?

下記写真が購入したというDeep-Violetというタイ産のプルメリア。(丸みをおびた方のもう一種は名称不明) ハワイで咲かせて写真を送ってもらうのを楽しみにしたいと思います!

追記:その後カラカラに枯れた苗が届いたそうです。ひどい。。。今のところ真っ青なプルメリアというのは存在しないので騙されないようにご注意ください。

fake color plumeria
fake color plumeria

Plumeria Eclipse!!

金環日食ご覧になりましたか?
私はなぜかコンタクトが入れられないほど前日から目が痛かったので...影とか...空が暗くなってくる感じ...を楽しんでました。

プルメリアにもEclipse:エクリプス(日食)という名前のプルメリアがあります。JLナーセリーのものです。毎年4月にはすでに咲いているので結構早咲きですね。中央が黄色でその回りが少し白っぽい部分が鮮やかですが、花弁のフチはピンク色で縁取られています。

ここにきてグッと親しみが湧きました!

2012年5月20日日曜日

週末作業

携帯電話からブログ書く練習中。。。写真と写真の間にテキストが入れられないのがちょっと不便です。しかも順番どうりに並んでくれないが、まあいいか。解りますよね。
平日はプルメリアのお世話ができないので、この時期は毎週末やる事いっぱい。みなさんもきっと同じですね。

イベントで出し忘れた苗木があった。品種が色々でちゃんと仕分けできていなかったのをようやく整理。ハワイアンフラッグとか結構変わったのもありました。(...しまった!)

いつも色々な道具を探し回るので、接ぎ木の道具とかも全部クーラーボックスにまとめてしまう事にした。作業中の椅子になるしすごくいい!

苗木の様子もチェックしつつ、早く植えた方が良さそうなものはとりあえずパーライトに少しピートモス混ぜた土に挿して、水かけておきました。(しばらく根はないので、元肥なしで)

切り口が穴があいたように陥没している苗木(なんか順番ヘンですが写真参照)は、木が水分不足の時に剪定すると、こうなりやすいようです。腐っているわけではないので、そのまま植えても大丈夫です。試しに切ってみますが(写真参照)特に問題はありません。切り口からは水分がたっぷり出てきます。

昨年秋に行った接ぎ木(買ったはずの接ぎ木テープとかが見つからずビニールテープとビニールヒモでやりました)が葉っぱも出てきたのでどうやら成功したようです。良かったです。植え替えたとたんに根が腐ってしまったPuu Kaheaを救いました!

2012年5月16日水曜日

遺伝子のしわざ

今日は事務所向かいにある日本科学未来館の企画展「世界の終わりのものがたり」に行ってきた。ここの企画展は興味深いものが多いのでぜひオススメしたい。

常設の展示コーナーも充実していて、トランスポゾンという「動く遺伝子」のしわざによって生み出される変化アサガオのしくみについての展示も興味深かったです。プルメリアも変種が見られますが(色が抜けたり、花びらがダブルになったり、変形したり)同じようにこのトランスポゾンは関係あるのでしょうか?

企画展は6/11日まで。常設だけでも十分楽しめます。科学の知識豊富なおじいさんたちが会場にたくさんいるので、色々と聞けるのもいい感じ。
科学はちょっと苦手な私でさえも、帰る頃には元素記号を覚える本を買ってしまいそうな気分にさせられます。

2012年5月11日金曜日

温室プルメリア

母の日前にプルメリア温室覗いてきました。一ヶ月半前には葉も出てなかったのにあっという間に葉も茂って花まで咲いています。やっぱり温度管理できる所はいいな~。

母の日用にお花をケースで農家買い!