2012年10月28日日曜日

移動完了!

東京@新宿区はコンクリートのせいだと思いますが、まだまだ暖かい気がするんですよね。地植えのエンジェルストランペットが満開中で、毎年切っても切っても、さらに大きくなっていっています。路地植えで越冬もします。都内の温暖化を利用してプルメリアもダメもとで試してみようかしら。

小さい鉢だけ移動させました。一時期より鉢数を減らしたので随分と移動が楽になりましたが、ちょっと物足りない感じ。大きい鉢はまた来週以降に移動させようと思います。

小さい花芽は可哀想ですが、すべて落としました...。体力温存です。



2012年10月27日土曜日

白いふくろう

昨晩夢を見ました。

すごいフワフワの真っ白なふくろうが家に入ってきて「出かけよう!」というので電車に乗って出かけました。そう、電車で....。私はなぜかパスモとiPhoneしか持って出なかったのを後悔しましたが、電車の中では肩に乗せたり、抱っこしてみたりしながら、フクロウと楽しいおしゃべりをして、海の方まで(パスモだからきっと神奈川県辺りにしか行けていないハズ...)一緒に行きました。今、フクロウとしゃべっているのに、まわりの人はあんまり気にしないんだな...と不思議に思いながら。

海をバックに「記念写真を撮ろうよ!ブログにアップしたいから〜!」と白フクロウと一緒に写真を何枚か撮り、そこで目が覚めました。

朝起きて、携帯の写真をチェックしたら(当たり前だけど)フクロウ映ってないし!!すごい残念です。あまりにリアルだったので映ってる気がしました。楽しかったのに。

...という事で、普段あまり見ないのに久しぶりに夢を見ました。良く考えたらフクロウは夜行性ですよね。

フクロウがホヌ(ウミガメ)みたいに良い事の予兆の意味があると良いな!夢が何を意味するのかは分かりませんが、多分....要は...疲れているんだと思います。やってもやっても仕事が終わらないので、プルメリアの冬支度も出来ません。という事で明日時間を作るため、朝までにはなんとか終わりにするようにがんばります!(仕事ってなぜ同時期に過集中するのでしょう。)

飽きちゃって、集中力が続きません....。ブログを気晴らしにしてすみませんでした。



2012年10月25日木曜日

そろそろ...

私もそろそろ今年植えた小さい鉢から順番に室内に移動させる予定です。

「Chasing Marverics」今日から映画館で公開!アメリカに居る方はゼヒ見てくださいね。プルメリアとは関係ないけど...(でも、サーフィン好き<ハワイ好き<プルメリア好き!と繋がっていたりするからね。)


Half Moon Bayはサンフランシスコから45分ほど

Richard Criley Dwarf Rainbow

プルメリアを研究しているハワイ大学の教授の名前が付いた「リチャード・クリリー・ドゥワーフ・レインボー」。9月3日のブログに記載した今年JLナーセリーが登録した3品種のうちの1つで、写真がなかった残りの1品種です。

矮小品種のレインボーカラーです!花も比較的大きくエレガントな雰囲気が漂うレインボーカラー。ミニチュア種でもカラーを色々楽しめるようになってくる日が近い事を意味しています。

ジムリトルナーセリーのプルメリアは日本においては、プルメリアユニバーシティで毎年1回だけ、12月〜3月の間に予約販売を行っています。いつまで続けられるか分からず2年前から始めた予約販売ですが、まだ続けていく事にしようと決めました。しかもやるならマニアックな需要に応えたい。

今まではある程度限定的な品種に絞られていましたが.....
来年からはJLナーセリー&ファームにある名前の付いた品種なら"全て"購入可能!にする事が出来ます。問題はそのリストを作る事が出来るのか...という事。リストは出来る範囲ではじめます。要は、リスト以外のオーダーにも対応する事が出来るという事です。

選べるって楽しい。


Dwarf種のレインボーカラーです。かわいかった!
樹形全体。Dwarf種はあまり背が高くなりません。

2012年10月24日水曜日

Rainbow!!

昨日は雨だったので.....今日はパーフェクトな虹をお届けします。
素敵な一日になりますように!(.....今週あんまり寒くなりませんように!!)

Have a great day!

2012年10月22日月曜日

FAJトレードフェア

ーーーまだ私がプルメリアをしまっていない事に対して「もう夜は加温を始めてますよ!」のメールを頂き内心焦っております。ーーーでも、まだガマン。

週末は大田市場の花のセリ市を担っているフラワーオークションジャパン(通称FAJ)の社長さんを紹介して頂き行ってきました。

その日はトレードフェアが行われていて100社近くの生産農家さんや大手のメーカーさんがそれぞれのお花を紹介していました。関東のプルメリアの生産者といえば、市川園芸さんと志木フラワーさん。プルメリアの販路を広める為にがんばっておりました!

私はFAJの社長さんにプルメリアの素敵さを熱弁!?(笑) でも、途中からなぜか議題は「原発問題」に。社長とはこれに関して意見が合わず!!初対面なのにしばらくお互いの主張を言い合ってしまいましたが(笑)そんな意見も言える素敵な社長さんでした。(これに関してはもっと勉強して出直しマス!)
とにかく...生意気にも散々反対意見を言っておいてなんなんですが...プルメリアをよろしくお願いします!お忙しい中お時間を作っていただきありがとうございました。

学者さんのようなFAJの取締役さんには(海外に農業の知識を教える活動もしています)、自身が密かに屋上でマニアックに育てている球根植物(すべて学名で言うので覚えられませんでしたが、ゼフィランサスの一種です。)を見せてもらいました。新しい品種も交配していて、そのうち登録するって言っていました。「そのうち....庭の風景が変わるんだぞ!」と言っていたのが印象的。植物を育てている人って、なんて壮大でロマンチックなんでしょう!

社長さんは口が悪いけど(敬意を込めて言ってマス♡)「自分で売り込め!」と、すぐに新聞社の記者さんを紹介してくれてインタビューを受けました 。プルメリアの愛好家は沢山居るという事、これからもっとメイジャーになる(はず)だと言うを記事にしてください!!

市川園芸のパパさんはずっと見守ってくれていましたが、なんだか一人でプルメリアの啓蒙活動を行っているみたいな変な土曜日でした~。


お昼は無料。ちょっと控えめな注意書き...。
FAJ社長さん「おまえ、変わった事してるな〜」って...。私はいたって真剣です!
植物博士は様々な知識がありますが、やっぱり「特に好き!」っていうのがあります。
ゼフィランサス交配種。
取締役の特権?...ではないそうですが(笑)屋上試験場。
市川園芸さん。

秋になり、プルメリア開花中。
志木フラワーさん。
矮小品種、ディバイン。

2012年10月20日土曜日

まだ移動せず

ホームセンターでは温室の販売がはじまりましたね。そろそろです....。

週末にプルメリアを移動させようと思っていたのですが、昼間の暑さ、夜もあまり寒くなかったので、まだ移動させる気になれず....。
これが今週中に後悔する事にならないと良いのですが。



簡易温室は1000円代で販売されています。簡単に折畳めるので便利。
閉店間際のホームセンターも人が居なくて好き。
葉が淡いグリーンになってきた気がしますが、まだ葉が落ません。
庭のざくろがそろそろ収穫時期です。

Chasing Mavericks

以前ブログに書いた、若干22歳にして亡くなった青年の実話を映画化したサーフィン映画(チェイシング・マーヴェリックス)がついに公開されます。18日にカリフォルニアで映画の公開プレミアが行われたそうです。さて、日本で見られるのかしら...?

ビッグウェーブに乗るためには大きな石を持って海の底を歩き、息を長くとめる練習とかするんですって。映画の中ではそんなシーンを見た事があるけれど、本当にそういう訓練をするって言ってました。この映画では少なくとも4分は息をとめられなければ大きな波に乗れない....という事で、教室で息をとめる練習をして貧血おこしてます(笑)




2012年10月17日水曜日

接ぎ木は三角関数!?

プルメリア・ソサエティ・オブ・アメリカ:PSA(テキサスが本部のプルメリアの団体)の会報誌は最近実験が多い。そういえば私たちPUもメンバーから接ぎ木とか発根の実験結果が以前より増えてきました。やはり、成功率をあげるためにはテクニックみたいな所に辿り着くんでしょうね。

PSAではナナメ45度にカットして接ぎ木をするのをおすすめしていますが、どうやら角度を変えた実験をしているようです。枝の太さによっても変わるって事でしょうか。なんか公式が書いてあって....これ何でしたっけ?タンジェントって三角関数でしたっけ?......数式の計算方法とか忘れてしまってさっぱり分かりません。大人になっても公式は使うんですね...。やはり勉強はちゃんとしておくべきです。 

私は、最近は真横に切って接ぎ木する方法を取っています。枝の向きによってはナナメに切る事もありますが、台木の枝の太さだけ合わせるようにしておけば、比較的失敗が少ないんです。V字に切って合わせるのは接着面が多くて良いのでしょうが、上手にカットするのが難しい....。


2012年10月16日火曜日

農園のブタ

プルメリア農園の害獣といえば...
ブタさんです!

ハワイには野ブタがいっぱい居て、畑の土を掘り返したりしてたびたび問題になっています。(土の中の虫とかミミズとかを食べようとしているようです。)イノシシはちょっと恐いかも知れないけれど、ブタさんにはゼヒ会ってみたい。と思っていましたが、未だ会えずにいます。プルメリアの幹の根元を掘り返したり、枝を痛めたりもします。プルメリアの根本に這っているウォーターホース目当て(水を飲むため)だとも聞いています。

今朝農場にブタが居たらしく、写真を送ってきてくれました!ようやく農園のブタさんを見る事ができました。ハワイアンはハワイ伝統のパーティー料理「ルアウ」用のブタを調達しに農場へ来たがるそうですが...(笑)
『ぶたさん、丸焼きにされる前に逃げろ〜!!!!』

*ルアウ (lū'au) とは、ハワイ語で「宴(うたげ)」を意味する言葉。基本的に屋外でとり行われ、地面に穴を掘って作られたイムと呼ばれるかまどで豚などを丸焼きにしたカルア料理などが振る舞われる。by wikipedia

かわいいじゃないですか!土の色と同じ茶色だ。
これが一番の困る被害。

2012年10月15日月曜日

Metallica cushion

今年の7月に行ったプルメリアがテーマのアート展『Plumeria Bloom』から早3ヶ月(まだ3ヶ月か...半年以上前の気がします。)経ちましたが、試作品としてクッションカバーを作ってみました♡

パープルのプルメリアはMetallicaという品種です。メタリカクッションです。悪そうな名前ですが....写真に撮ってみると水彩画のような色合いで、きれいでした。今、ピンク色のお花の部分で少し小さいサイズのものも作っています。出来上がったらまたお見せします。

Metallica Cushion。裏はパープルの生地。
サイズ感分かるでしょうか。意外と大きい。
Plumeria Bloom展より

2012年10月14日日曜日

咲いちゃった...

前回確認した時(1、2ヶ月前だっただろうか...)まだ根が出ていないものはそのまま残しておいたジャンク植え。発根をさせようとしてまとめて鉢に植えておいた中の3本は完全に腐っていたので取り除き、残った十数本の苗に次々と花芽が付いてしまった...。しかも咲いてしまった...。ようやく発根してくれたのはうれしいですが、今の時期から鉢上げをする気にはなれなくて、土を足して今年はこの鉢の中で育て、冬は温室へ移すことにした。小さな花芽を付けたものもいくつかあり、春まで待ってほしかったな...と。どれも同じ時期に植えたのに、なかなか根が出なかった事と、花芽には何か関係があるのだろうか.......とふと思いました。すぐに発根して鉢上げしているものはこれほど花芽があがってきていません。いくつかは咲いたのもありますが、小さく咲いて早めに終わってしまいました。その代わり根に栄養がいくので葉が大きく展開しています。これはこれで1年目として良い状態。

花芽と言えば....期待を背負ったMele Pa Bowmanですが、残念ながら、花芽が小さすぎます。大きく生長する感じがしません。本当は花芽をとってしまった方が良いのでしょうが、もしかしたら寒くなったら自分で花芽を落とすかも知れませんが、それまで見守ります。この花芽もやっぱり来春まで待ってほしかった...。コントロールできないのが難しい所ですね!


取り出すと根を傷めそうで、今の時期に植え替える事をあきらめました。
少ない土でふんばっていたので、これには土を足してあげました。
相変わらずかわいらしいMele Pa Bowman
う〜ん....花芽少なすぎ。小さすぎ。残念!

2012年10月13日土曜日

Seedling生長の違い②

今年の8月6日の記事「Seedling生長の違い」の続きです。

6月に植えた種。余った種を花壇に植えておいたものがとても生長が良かった(発芽率は清潔な土のポット植えの方が良かったです)ので、そのまま秋まで生長を見守ってみました。

植え替えをしないまま小さな鉢で育てたものとの大きさの違いを比べてみましたが、一目瞭然ですね...。シードリングで試しましたが、同様の事が通常の鉢植えにも言えると思います。始めから大きな鉢に植えるのはおすすめできませんが、ある程度生長と共に大きな鉢に植え替える事によって生長が早まります=花が早く咲く。という事でもあると思うので、根詰まりした鉢は来春に植え替えてあげましょう!!(←自分に言ってます...。)


雑草と共にのびのび生長!
こんなに違います
葉の大きさも一目瞭然
根が横に横に伸びているのが分かります
鉢はちょっと窮屈そう...来春にまた花壇に地植えしてあげるからね!

2012年10月12日金曜日

Waimea Fallsのプルメリア

ハワイ滞在中は日記みたいな内容が多くなりますが(写真が多いと、その日のうちにまとめるのが大変で...)『ワイメア渓谷州立公園』にも行ってきました。

ワイメア ヴァレー パークというのは、ノースショアのワイメアビーチの向かい側に位置するワイメア渓谷の中の植物園で、世界各国から集められた植物と鳥類が楽しめるジャングルです!突き当たりまで行くと有名な滝壺があります。ハイキングコースもあるので旅行者にも人気のスポットです。

ジムさんからすると、ここは地元だし、裏庭みたいな場所なので...。本当は公園には入場料があるのかも知れないですが、私たちは裏口から公園を管理するオフィスへ。マネージャーのデイビットさんが直接公園内を案内してくれました!

デイビッドさんは、ゴルフカートでプルメリアが植えてある場所を点々と案内してくれました!スペジャルツアーです。ラベルが付いていないものについて、ジムにアドバイスを求めていました。この州立公園はジャングルみたいに木々が大きく育っているので、プルメリアにはやや日照不足で花付きがあまり良くないので、プルメリアの周りにある木々は少し切り落とすと言っていました。ワイメア渓谷の山の上では雨が多そうですしね。

デイビットさんはヘリコニアなど「種を持って帰りなよ!」と色々勧めてくれたので、お言葉に甘えて色々とってみましたが...ポケットに入れたまま洗濯してしまったかも.....。そういえば、あの種どこへ行っちゃったんだろう....。

デイビッドさんには滝壺で下ろしてもらい、しばらく滝壺でのんびりした後、帰りは散歩がてら山を下ってきました!

◎Waimea Valley Park ワイメア・ヴァレー・パーク
住所:59‐864 Kamehameha Highway, Haleiwa, HI 96712 
電話:(808)638-7766
料金:大人$15、子供(4歳〜12歳)&シニア(60歳以上)$7.50、3歳以下は無料。
営業時間:9:30-17:00(無休)
休日:感謝祭、クリスマス、元日
アクセス:アラモアナ・センターから52番バスで約2時間



ローカルの子はここから飛び込んで遊ぶらしい。
歩くと時間かかるので、広大な公園内をゴルフカートで移動。
木が大きいので上を見て歩かないと気付かないよ!
比較的原種も多く植えられていました。
このゴツゴツはPlumeria Tuberculataですね。
これはジムが交配した園芸品種。交配者名も記されていますね。
植えてあるプルメリアの多くはJLナーセリーからのものです。
斑入りのプルメリア。
ヘリコニアのコレクションもいっぱいありました!
ケバケバのヘリコニア....。

植物全般に知識のあるデイビットさんに感謝!
美しいサーモンピンクのトーチジンジャーを切ってプレゼントしてくれました♡
ショップにはJLナーセリーのコーナー。MelePaの大判写真も売ってます。
最近クラークのショップもオープン。親子共演ですね!