2012年12月31日月曜日

Hau'oli Makahiki Hou

新年明けましておめでとうございます!

2013年が皆様にとって健康で笑顔で過ごせる年になります様祈っています。そして、植物を心から楽しめる毎日が続きますように...。

お正月のお花はWaimea(ワイメア)をご紹介。Growing Plumerias in Hawi'iの著書、Jim Little氏の本の表紙にも使われている美しいレインボープルメリアです!

さて、もうひとつお知らせ♪
あまり人前に姿を見せないジム氏ですが、写真を通してならいいんじゃないかと、インスタグラム(Instagram)を勧めていたのですが......なんとiPhoneを使い始め、今年のクリスマスからインスタグラムをはじめました。(あの年齢でスマートフォンを使おうとする所がアメリが人のスゴイ所でもある!)インスタグラムとはiPhone, iPod touch, iPadやアンドロイド携帯で見られる写真共有のツールです。携帯で撮った写真画像にフィルターを簡単にかけられたり楽しいソフトウェアでもあります。フェイスブックのように相手の認証は必要ないので気軽です。息子のクラーク(clarklittle)は10万人以上のフォロワーを持ち、毎日のように波の写真をアップしています。

携帯からInstagramのソフトウェアをダウンロードして(jimlittlenursery)をフォローできます。メッセージも書く事ができます。読めないだろうけれど、どうせ世界中の人が見られる訳だし、日本語で書いちゃってもいいんじゃない?と思います。なんか気軽に世界中の人が繋がる感じが世界が狭くなった感じがしますし、今っぽいですよね。携帯は絵文字も使えますし....。絵文字って世界共通の言語かも...と思ったりする事もあります。

携帯からの方が使いやすいですがコンピューターからも見られます。
http://web.stagram.com/n/jimlittlenursery/

私もブログの写真と似通った内容になりますが気軽に写真をアップしているので(marekatanaka)でフォローください。

それでは年があけ、季節は間違えなく春へと向っています!!!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Waimea

2012年12月30日日曜日

2012年ありがとうございました。

今年最後の投稿になるかもしれません。
1年間お付き合いいただき、ありがとうございました!プルメリアをより好きになってもらえたでしょうか...。育て始めたばかりで、枯らしてしまった人も懲りずにもう一度春からはじめてみてください!何事も続けると色々と見えてくるものがあります。そして、はじめた時よりすべてが2回目、3回目の方が簡単になってきます。

私は肝心なニュースレターをまだ作っていますが.....(笑)年明けてすぐに印刷できるように進めていますので、もうしばらくお待ちください。苗木の予約受付も近日中にリリースします。

今年を振り返ってみると......ブログを見直して色々思い出しました。大変ではありましたが、ハワイに新しい家族(ハワイ語では家族の事をOhanaといいます。お花みたいで素敵でしょ。)が出来たみたいで楽しい年になりました。もう随分前から知っているみたいですが、よく考えたら仲良くなったのはまだ半年前の話しです。人生は出逢いだと、ひしひしと感じた2012年です。


ジムさんからはクリスマスプレゼントにNIXONの時計と帽子をもらいました。時計はリトル家「女子」全員一緒のプレゼントです。アリー(アリソン)が選んでくれたみたい。色が赤茶だったのは農場対応としか思えない....。


My Ohana♪
私が日本に帰る前に準備したハワイアンクリスマスツリーの前で、写真を撮って送ってきてくれました。結束力のある素敵な家族です。

下の写真は空港に迎えに来てくれた時....。セラダインのレイを持って出迎えてくれたのですが、ジムが一言... 「プルメリアをお金を出して買った....。」「は...?」
農場はちょっと標高が高いから完全に休眠して冬はあまり花がないのです。(歩き回って集めればあるとは思うけれど)雇っているフラワーピッカーも今はお休み中。空港でレイをはじめて買ったらしい(笑)プルメリアの大農場の人がプルメリアを買ったというのは、ちょっとウケたけれど、冬の時期にありがたいプルメリアのレイでした。


Life is a journey....

Will see you in 2013!

2012年12月28日金曜日

パキポディウム・ラメリー

ハレイワの街を車で通るたびに立派な「パキポディウム」が目に入るのでご紹介。

パキポディウムはプルメリアではありません。でも、同じキョウチクトウ科でプルメリアの原種と良く似た花を付ける多肉植物です。PU PRESS 24号(2011年冬号)「プルメリアは多肉植物か」の特集でもご紹介しましたが、遠目から見るとプルメリアと見間違える雰囲気を持つこの植物。こちらの方が多肉植物に分類されるだけあって、サボテンっぽいですよね。

サーフショップの駐車スペースに植えられていて、道沿いから見え、どのシーズンに行っても花を咲かせているので、いつも気になっています。

ハレイワに立ち寄った際には、ぜひ立派なパキポディウム(品種名:ラメリー)を探してみてください!






2012年12月22日土曜日

温室の様子

いやぁ、やっぱり冬は寒いですね。これがまだ数ヶ月続くと思うとちょっとブルーになってきました...。(ただ単に寒いのがキライ。)

でも、プルメリアが休眠するのは気に入っているんです。冬の間は他の事が出来るから!1年中プルメリアの世話に追われるより、ちょっとブレイクがあって、また春からのワクワクに備えるのは良いサイクルだと思います。

部屋の小さな温室プルメリアの様子ですが、葉をかなり落としてきました。明け方は随分気温が下がってきていると思います。水は一切与えていません。

屋外に地植えにしたシードリングのプルメリアですが、3つは避難させましたが、耐寒性の実験も兼ねて植えたままにしておいたのも3つあります。昨日なんて雪のように冷たい雨が降ったし、明け方は凍るように寒いし、もう枯れちゃっているかも...と思いましたが、まだ健在。スゴイぞ地植えシードリング!!!
春まで持つ可能性はかなり低いと思われますが、もう少し頑張ってもらいましょう。今日ペットボトルの底を切って小さな温室みたいになるようにかぶせてみました。
直接寒い空気や雨が当たらないように...と思いましたが、土が霜にやられたら意味ないですよね。まあ、ものは試しです。

農場に通って改めて気づかされた事は...偏見を持たずに何ごともトライしてみる事。無理でしょう〜。って思っている事でも一度は試してみる。案外新しい発見があったりするものです。







Plumeria Confetti

プルメリア・コンフェッティ(Confetti)とは紙ふぶきの意味です。日本で紙ふぶきというと、演歌歌手の頭の上に降ってくる雪の代わりの白い紙を連想しますが、そうではありません!
イメージ的には...子どものお誕生日パーティーの時に使うような色紙を使ったカラフルな...クラッカーの中から飛び出してくるようなアレです!
そんな可愛らしい華やかなパーティーイメージのレインボープルメリアです。
12月に咲いていたので比較的遅咲きのプルメリアのようです。




2012年12月20日木曜日

Clark Little写真展

「新聞にクラークリトルの記事が出てるよ!」と友人が写真を送ってきてくれました。アベちゃんありがとう!そういえば新聞社のインタビューを受けると言っていました。きっとこれの事ですね。

写真...こういう時スポンサー契約うけているHurley着てなきゃいけないんじゃないの?KAIZEN(改善)トレーナーを着ている←息子の野球チーム(笑)きっとデーンは喜ぶね。

さて、今月25日まで渋谷のパルコ、ロゴスギャラリーで写真の展示が行われています。渋谷へ行かれる方はぜひ立ち寄って見てみてくださいね。肩を脱臼するほどのすごい波に入って行って毎日写真を撮っている事のすごさと、あとクラークの写真の色はとても明るい!っていう所が私は好きです。人柄が出ていて、自然でハッピーなキャラクターそのものです。

2013日本版カレンダー発売記念 クラーク・リトル写真展 
Clark Little Photo Exhibition




2012年12月16日日曜日

Good morning Japan

無事戻って参りました!(ちゃんと選挙にもギリギリ間に合った!)

農場だけでなく、ファミリーみんなにお世話になりました。カフェハレイワでリトル家全員集合の朝食は私が来た時のイベントとなりつつあるらしい。(...という事は家族全員集合は3ヶ月ぶり。) みんなそれぞれ忙しい人たちだからね...。ブロックはHawaii5-0の撮影で体使い過ぎてグッタリぎみ(笑)

クラークが日本に出張中の時はみんなで筆で自分の名前を書く練習をしたり、楽しい時間を過ごしました。

クリスマスツリーは最終日の夜に完成させました。オーナメントの代わりにジンジャーを使ってみました。植物が取り放題なのに使わない手はありません!お水が入ってるからクリスマス当日までフレッシュだといいな。

これがクリスマスカードと年賀状代わりとなりそうです^^;
年末、私はもうひと頑張りします!
Hope you have a great holiday week!





2012年12月14日金曜日

Pipeline final

ノースショア滞在最終日。
今回はパイプラインの大会にはじまり、パイプラインのファイナルとともに終わる感じとなりました。ノースショアの風物詩に立ち会えた事はラッキーだったと思います。

サーフィンやサーファーを身近に感じられる旅でもありました。ローカルの人たちは、それぞれ際立って面白く(本人は自覚していないだろうけれど...)個性的なキャラクターが回りに多すぎて、私がもっと文章が上手だったら、いつか小説が書けるんじゃないかと思うくらい、毎日ちょっと面白い事が起こります。

車の渋滞は大会が開催されている事を意味しています。せっかくだから見ておこうと思って、夕方アリー(クラークの娘)のキティちゃん自転車を借りてパイプラインのビーチまで行ってきました。ちょうどファイナルの試合が行われていました。応援していたケリーはセミファイナルで負けちゃった。残念。

プルメリアのお話はまた日本に帰ってから。
See you in Japan!



クリスマスの準備

ほぼ午前中は毎日朝7時過ぎから農場へ行っています。霧雨が降っているし、ちょっと肌寒いくらいのお天気でしたが、何度も何度も大きな虹が顔を出し、幸せな気分になりました。(知ってました?虹って毎回だいたい同じ場所に出現するんですよ!!)



下の写真は同じ品種がいくつか並べて植えてあります。きれいな樹形です。こんな感じで樹形を見比べたり、花芽の付く間隔などを見たりしています。

Elizabeth Thorntonの木

今日はクリスマスツリーの木をカットしました。クリスマス当日はパーティの準備などでそれぞれ家族には役割が与えられるそうです。私はクリスマスはみんなと過ごせないので、クリスマスツリーの準備と飾り付けを命じられました。クリスマスツリーは買うんじゃなくて、育ててます(笑)農場では植物に関しては100%時給自足なんですね。形のきれいなのを選んでチェーンソーでカット。お水のバケツに入れてセッティングしました。足元はティーリーフで隠そうと思っています。


お昼はハレイワのMALAMAマーケットで週一回だけ提供しているステーキランチ!ローカルしか知らない裏メニューです。ミディアムレアですごい柔らかくて最高に美味しい。

2012年12月13日木曜日

Good Morning Hawaii

昨日はワイキキのコンドミニアムに1泊しました。
朝は少し雨だったけれど、パーフェクトなレインボーが出迎えてくれました。朝からこんな大きな虹を見るとテンションがあがります。


カフェカイラでワッフルとコーヒー3杯おかわりして、ようやく少し目が覚めてきました。(毎日6時起きだからね...。)


勉強の為にビショップミュージアムで開催されているアロハシャツデザイン展に行ってきました。アルフレッド・シャハーンという1950年代からアロハシャツを作って人気のあったブランドのテキスタイルや洋服はとても興味深かったです。




最近はタウンからノース(田舎)に戻ってくるとホッとするようになっています(笑)


夕方からは大型テレビにDVDに焼いてある数百枚の写真をひたすら見てプルメリアの名前とか歴史とかいろいろ聞いて勉強しています。本当にプルメリア・ユニバーシティ状態です。私も写真をまとめてみんなに説明できるようになったらいいな....と思いました。写真+会話は脳裏に焼き付いて記憶しやすいですね。

ジム先生。さすがプナホウスクール(←ハワイで一番優秀な私立学校)で教えていただけあります。教え方が上手です!





2012年12月11日火曜日

新しい経験

最近のハワイ滞在は観光というよりも生活っぽい感じになっていているので(ホームステイしているせいか...) 新たな感覚やルール、違いなんかも毎日色々と感じながら生活をしています。朝はスタバでコーヒー入れてもらって、パイで有名なテッズベーカリーで、クロワサッンを買って移動中に食べました。
Ted's Bakery
冬場はノースに人が多いので忙しいと言っていました。

途中パイプラインマスターズの会場が見えますが、ここ数日波がなく、次は金曜日にファイナルがあるのではないか...と言われています。朝早くちょっとだけ見に行けたらいいな。
Pipeline Masters

農場にラウハラ織りのKUMU(先生)が来て特別レッスンをしてくれる事になりました。普段はプロフェッショナルな人に教えるような立派な先生です。Lucky me! 編むのも楽しいけれど、ハラの木のトゲをとってきれいな繊維にして使えるようにして、自然の色に染めたりする過程の方に興味を持ちました。KUMUはハワイアンの血をひいている人で、ハワイアンが昔はどのように生活をしていたか、とか。生活をするのにお金が必要という観点は全く持っていなかったけれど、宣教師が来てから色々と生活スタイルが変わった事などの歴史の話しも沢山してくれました。

初・ラウハラメイキング!
午前中は農場でハワイのクムにラウハラを編みながら歴史の話しをしてもらった後に、しばらく日本からの仕事を仕上げてメールで送って、夕方は病院の先生達が集まるクリスマスパーティに誘われて行ってきました。ホノルルの山の上にある個人宅(もともとは宣教師としてハワイに渡って来た白人のお金持ち)の豪邸でのパーティでした。
午前中の農場での経験とのギャップがやたら激しくて.....ちょっと笑えました。

ゲートから家までがやたら遠い
家から玄関までがやたら遠い
庭からプールまでがやたら遠い。でもこれは素敵。
軽い食事をした後、ミーティングという名の病院経営の収支報告みたいな話しが永遠と続いて寝ちゃいそうになって....屋敷の中をうろうろ。ようやくお気に入りの部屋を発見して落ち着きました。日本での生活はすごく安心して気が楽な部分はあるけれど、ちょっと不安になりながら、初めての経験をするのも楽しめます。

植物ばかりの本棚のあるお部屋は素敵でした。

農場のプルメリアは葉を落としましたが、すでに動きはじめています。日本はこれからも長く寒い日が続くのに。葉が落ちた後、またすぐに動きだすなんていいな。

枝の先の葉が上を向いているのは動きはじめた証拠。




2012年12月10日月曜日

冬の農場

毎日24度くらいはあるのに、ハワイと言えども冬には葉を落とします。日照時間や傾き方で落葉樹はサイクルを理解しているのでしょうか。室内で加温しているプルメリアの鉢植えは葉が落ちない事もありますよね...。暖かさに加えずっと明るいからでしょうか。

葉を落とした状態でもプルメリアは魅力的だと思います。十分面白みがある...というか、それぞれ違うので楽しめるというか。花に執着しすぎずに枝の特徴や大きさの違いに集中できるので、違う意味で勉強になるというか。

前回ビーサンが壊れたので、新しいのをようやく新調しました。ディスカウントストアで$6に値下がりしていたのを見つけました。ヒモが皮か布で出来ていて痛くない...というのが私の条件。それに加え今回は、ビーサン焼けが目立つのがイヤなので、ストラップが細いのを探していました。表地が布だったのであっという間に茶色く染まってしまいそうですが、農場ビーサンとして使用するので良しとします。


2012年12月9日日曜日

Hello from North Shore

「ノースに行ってきますね!」
のコトバに
「おまえはサーファーか!!!?」
と一斉に事務所スタッフに言われてしまいましたが、快く送り出してくれた友人とボスに感謝します。サーフトリップならぬ、ファームトリップなので、まぁ似たようなものかも知れません。しかも、ノースショアはサーフィンの大会が開催されているのでプルメリアの花は休眠中ですが、サーフィンの話題には事欠きません。

昨晩はクラークリトルのギャラリー2周年記念のパーティーに行ってきました。おいしいご飯と音楽とノースショアのローカルな人たちばっかりの素敵なパーティーでした。

ケリースレーター(サーフィンをあまり知らない私でさえもケリーくらいは知っていますよ!)も紹介してもらい、ますますディープなノースショア滞在となっています。

今日からパイプラインマスターズという大会がはじまりました。道が混んでいるので移動が大変です。朝、ビーチの目の前にある邸宅のデッキから少しだけ見てきました。ちょうどホーンが鳴ったので大会が始まった所だと思います。それから農場へ...。

プルメリアの農場は少し小高い山の上にあるせいか、しっかりと落葉していて、今の時期にプルメリアはほとんどありませんが、葉がないので、樹形の違いなどを見るのにはとても良い時期です。すでに新しい花芽も見えているので、一度落葉しますが春が来るのも早いように思います。