2013年1月31日木曜日

明日はアロハミーティングです!

2月に突入しました〜!
Clark Littleの2月の写真は作品名:SPLASH。勢いのある2月にしたいですね!



明日はアロハミーティングReturns!です。前回の台風直撃とは打って変わって「4月のような陽気」だそうです。2013年の始まりとしてはいい感じ!!
レインボーブリッジを渡って、のんびりモードの青海埠頭でお会いしましょう。




Laid back thursday...

今日は実家の母がノロウィルスにかかってダウン中なので、帰省中。思ったより元気だったのでほっとしています。(犬の散歩に行ったくらいで何の役にも立っていませんが....人の気配があると安心するかな〜と思って。)皆様も風邪にはくれぐれもお気をつけください。


写真はハワイでお気に入りの古い白いゲートとそれを取り囲むように咲いている見事なブーゲンビレア。いつか撮影で使おうと思って見に行っていました。でも昨年の6月に行った時には取り壊されていて、すごく立派でゴージャスな家が建設途中でした。こういう古い方がハワイにしっくりくるのに、すごく残念。



今年になって買ったMac Book Airが大活躍。『旅仕様』です♡軽くて持ち運びが便利な上に特別にチューンアップしているのでパワフルです。

今日はあちこちからイベント出展依頼のメールが...。そんな時期なのですね。今年はどうしましょう〜。ついでにアロハミーティングで話し合いましょう。

2013年1月29日火曜日

お知らせいろいろ

アロハミーティングReturns!
今週末はアロハミーティングReturns!があります。ランチを食べながらプルメリア好きの方同士、情報や意見交換をし、その後ミーティングルームへ移動し自己紹介とジムリトルナーセリーの品種のスライドショーも行います。お時間のある方はぜひお越しください。


◎ハワイアン・ローカルズ・マーケット
横浜でイベントへの出展が決まりました。プルメリアは休眠中で持って行く事ができないので、書籍の販売と、プルメリアの育て方のQ&Aと、新規メンバー募集の案内を行う予定です。あとは、バドアスコーヒー飲みながら、マラサダ食べて...。お時間のある方は遊びに来てください!
2013年2月23日(土)
10:00〜18:00
会場:ルララ港北 4階フードコート内
http://www.lurara.jp


2013年度会員募集開始しました!
新規メンバー、しばらく離れていたけれど再度更新をされる方もOKです。
特典:2月末日までに登録をされた方に2012年冬号会報誌 Plumeria University PRESS Vol.27とプルメリアの種(春になったら植えてください)をもれなくプレゼント!種はジムリトルナーセリー産のものです。


2013年度プルメリアの苗木予約中!
【ハワイ州オアフ島・ハレイワ産のプルメリア苗木】
1973年よりハワイでプルメリアの園芸品種の交配を続けている、ジムリトル・ナーセリー&ファームよりお好きなプルメリアの苗木を事前に選び購入できるようになりました。長年プルメリアの品種改良に力を注いできたジムリトルの作り出した花は花色・形・香りに至るまで、厳選された美しいものばかりです。4月中に直接農場で苗木を引き取り、植物検疫を通過させた後、日本から皆様のお手元へフレッシュな苗木をお届けいたします。品種はオーダーフォームに記載のリストの中よりお選びいただけます。この機会にあなたのプルメリアコレクションに新たな品種を追加してみてください!

レモンの収穫

自家製レモンを収穫しました!
10個くらい採れたかな。大きくなると場所をとるし、剪定すると実がつかないし....というジレンマを抱えながらの果樹栽培です。かわいくて収穫していなかったので、かなり完熟状態です。はちみつ漬けにしておこう。



ザクロの木の方が大きいので1年おきに沢山収穫出来ます。今年はちょっと不作ですが家で食べるには十分な量。食べきらなかった分は冷凍してあります。デザートには最高!

そういえばハワイで食べてたオレンジ美味しかったな〜。写真撮ってあったと思ったから見つけたら後日アップします。



.....写真見付けました!

左がリトル家の裏庭に植わっているオレンジ。右のはクラークの家でたわわに実っていたオレンジ。すごくきれいなオレンジ色をしていて美味しそうだったけれど、酸っぱいから誰も食べないらしい。試しに持って帰ってきてみた。切って比べて見ると違いが一目瞭然。ジムの家の(果物試験場から人からもらったであろう)美味しいオレンジは見た目は黄色でそれほど甘そうに見えないのだけれど、皮は薄くて果実のきめが細かい。右のは皮が厚くて色はオレンジ色でキレイだけれど食べる部分が少ない。

左のは、とにかく甘くてフレイバーが濃厚で最高。あっ、でも右のオレンジも言うほど酸っぱくなかったです。もっと酸っぱかったらマーマレードにでもしようかと思ったのですが。

写真をとっていてすごい事に気付いたんです。このリトル家の裏庭オレンジ。なんと!種が全くありません!!!食べている時は全然気づきませんでした。実はジムも右の種のある普通のオレンジと比べてはじめて気づいたのです。「あっ、だからスペシャルなのか...」とつぶやいていました(笑)マンゴーやパパイヤに続き、農場スペシャルの果物です。

2013年1月28日月曜日

for Pink Lovers!

ピンク好きスペシャル第一弾!

ピンクはいっぱいあるので何から紹介しよう....と考えたあげく、私が育て始めて育てやすかったものをまずは紹介します!


左上:White Shell(ホワイト・シェル)はシェルプルメリアと言って花弁が開かない珍しいタイプで、プルメリアを育て始めた頃すぐに気に入って育てはじめたものです。根付けるのも簡単なので育てやすくおすすめ!ちょっとレアなプルメリアを育てたくなったらこのようなプルメリアがいいのかな。ココナッツ系の香りがします。

右上:Tillie Huges(ティリー・ヒューズ)ピンクプルメリアの中でもお気に入りでした。というのは、ハワイの街中でも見かける事ができるメジャーなプルメリアなので愛着もありましたし、中央の黄色が大きくちょっとキュートな印象も与えるプルメリアです。写真はちょっと白っぽく見えますが、咲き始めはもっとピンク色です。

左下:Daisy Wilcox(デイジー・ウィルコックス)写真だと解りにくいのですが巨大なプルメリアです。ココクレーター植物園では一番最初に見られるプルメリアなので印象に残っていて育てはじめました。咲くとクリームがかった白色でエッジが少しピンク色。ピンクプルメリアというようりは、白色の印象が強いかも知れません。でも、この大きさとエッジのピンク色がこのお花の特徴なのでここではピンク色にしておきましょう。

右下:Maui Beauty(マウイ・ビューティ)これも良くハワイで見られるピンク色の品種です。名前も素敵だなって思って。



下はデイジー・ウィルコックス。別の写真で見るとより花弁が大きくて下に垂れ下がっているのが解りやすいと思います。東京でもこれだけ大きく咲きました!下右の写真で大きさがわかるでしょうか?

2013年1月26日土曜日

地植えSeedlingのゆくえ

なんと、10時間も寝てしまいました。とうとう私も冬眠に入るかも知れません...。

2週間前に雪に埋もれた地植えのシードリングですが、その後どうなったのでしょう。プルメリアは根が霜にやられると枯れてしまいます。そこまでの耐寒性は持っていません。土の中の温度ってこの時はどうなのでしょう?


2週間後。。。

真っ黒になって溶けてブヨブヨになっているんじゃないかとドキドキしていましたが、案外普通。雪が降る前と一見変わらなく見えます。触ってみると...ちょっと柔らかい感じもしますが良く分からない...。春にならないと分からないかも知れません。これが無事冬を越したら奇跡的。がんばって!

HANG IN THERE!!!

Yellows,Yellows, and more Yellows!

今日は黄色スペシャルです。

まずはオススメ4種を選んでみました。どれも花弁に厚みがありプルメリアらしい特徴を備え、はじめて育てるにはお勧めできるプルメリアです。どれも長い間変わらず好きなプルメリアです。

左上:Celadine(セラダイン/セラディーン)これはレイに使うプルメリア。香りが強いのが特徴です。ハワイでプルメリアというと、このプルメリアの香り・品種の事を指しています。まさに、プルメリアの中のプルメリア!

右上:Paul Weissich(ポール・ウェッチ/ポール・ワイシック)イエローというよりは、中央がオレンジ色なので全体的にオレンジ色っぽく見えるイエローです。これは本当に美しいプルメリアなのでぜひ育ててもらいたい品種。

左下:Nebel's Gold(ネーベルズ・ゴールド)この花弁の厚みを実際に見たら絶対に感激すると思います!レイにも最適だと思うのですが、ネーベルズ・ゴールドのレイって見ないですよね。

右下:Heidi(ハイジ)小振りで可愛らしいプルメリアです。花弁がクルってしているのもキュートです。ハイジは好き過ぎて種からも育てています。もう5年くらい経つでしょうか。最近植え替えを怠っているので、まだ咲きませんが..... 。自分の園芸品種も早く咲かせてみたいです。

LOVE YELLOWS!!!


2013年1月23日水曜日

JL Pink Pansy

JLナーセリーのプルメリアを代表する品種はこのピンク・パンジーをなくして語る事は出来ないでしょう。

ピンク色のフチと、コロンとした丸みを帯びた花弁がキュートなプルメリアです。

ピンク・パンジーはジムさんが思考錯誤をし、長い時間をかけてようやく生まれたJLナーセリー最初の品種です。

このプルメリアだけでなく、この農場で生まれた品種は、その原木を分けてもらうという事なので、品種と名前が正しく一致している事がこの農場の一番良い所であります。


JL Hawaiian Coral

JLハワイアン・コーラルは以前も紹介したでしょうか?お気に入りでPlumeria Bookの本の中でもちょっと大きめに(ひいきめに?)紹介したりしています。

珊瑚色のようなピーチ系の色が大好きです。農場ではいつもワクワクしています。特に4月に訪れる機会が多いので、ちょうど見頃なんですよね。早咲きで、いつも4月に満開を迎えています。葉がまだあまりない時期でもあるので、日本の桜のように花が特に際立って見えます。

このプルメリアが欲しくて、JLリストを更新したい!と申し出たのを思い出しました(笑)ハワイでも街中でピーチ色のプルメリアを見る事はまずないと思います。このようなプルメリアを庭に植えられたら素敵ですよね!沖縄に住んでいる方にぜひ庭に植えてほしいと思います。


 JL Hawaiian Coral (c)Plumeria University

2013年1月22日火曜日

新規メンバー募集開始!

プルメリア・ユニバーシティに入学するには試験があるとか....。入学するとレポートを書かないといけないとか.....。そんな話しを聞いていたので躊躇していたんですけど、そんな事ないんですね!!

....って、もちろん試験もレポートもありません。(レポートは会報誌に載せるので頂けると助かりますが、あくまでも任意です。)あらためてここでお伝えしておかなければ。

『プルメリア好きならどなたでもメンバーになれます!!』

プルメリアはまだ熱帯植物の中ではメジャーではないので、不確かな情報が多いのです。それを皆で育てながら解明していこう!という趣旨の元でやっています。興味のある方はぜひ一緒にプルメリアを育ててみませんか。育ててみるとその楽しさに気付くはずです。

プルメリアの入学試験があるとすれば、プルメリアを品種名で正しく呼ぶって事かな。下の写真のプルメリアはなんという名前でしょうか?レイに最も多く使用される品種です。


はい、正解。答えはCeladine(セラディーン)でした!

品種を当てる...で思い出しましたが、クラークと初めて会った時の事。ジムさんがホノルルでギャラリーのオープニングがあって息子がそこに居るから会ってきなよ。と言われて、そのオープニングパーティに出席しました。沢山のファンに囲まれてサインをしている所に「あの...お父さんに紹介されて来ました。」と言った私に、私が耳に挿していたプルメリアを指差して「その品種はなんだ?」とクラーク。

「Celadine」

「はい、合格!お父さんからプルメリアの友達が行くからよろしくって電話があった。キミの事だね。」といった具合に、プルメリアの知識があると.......暗号にも使えます!?


2013年1月19日土曜日

PU PRESS 27号

プルメリア・ユニバーシティのニュースレター、そろそろお手元に届いた頃でしょうか。

特集は『プルメリアの寒さ対策です』近年、夏は暑すぎて、そして冬はより寒くなっているような気がします。特に今年はあの手、この手で、寒さ対策が必要かも知れません。でも、子供の頃はもっと雪が降っていたような気がしますし、実際の所はどうなのでしょう?しばらく暖冬が続いていた年もあったので、より寒さがこたえているのでしょうか。それとも熱帯植物を育てるようになってから冬の寒さに敏感になっているだけなのでしょうか....。

ジムリトルナーセリーの新しい品種の紹介もしています。表紙はJL Doric(JLドリック)奥さんの名前をとったプルメリアです。この花弁の表現を"Grainy"と呼んでいますが、粒状の粗いラインが入っているめずらしいプルメリアです。オレンジ色とピンク色の中間色も魅力です。

アロハミーティングReturns!のお知らせもあります。2月2日土曜日の開催です。JLナーセリーの品種のスライドショーも行う予定なので、ぜひご参加ください。

◎ブログのトップページでは皆様に質問を行っています。『プルメリアを何鉢育てていますか?』ぜひ質問にお答えください。

.....0鉢って方はいないんですね。11〜50鉢っておおざっぱすぎないか....と思うかも知れませんが、10鉢以上育てはじめるとその後は......場所さえ許せばあっという間に増えるので(笑)だから10鉢以上持っているアナタはもう、プルメリアフリークです♪

◎次回は4月頃に2013年度の春号を出版予定です。2013年度メンバーシップの方に配布されます。メンバーシップの更新は2月末日まで(遅れても特に問題ありませんが、一応事務処理上の問題で期間をくぎっています)となっています。新規メンバー募集も近日中にはじめます。なんとなく気になっている方はぜひ一緒に楽しみましょう!

そんな私は最初は一人でこっそり楽しんでいたタイプですが、雑誌へプルメリアの育て方の記事を書く様になってから出版社への反響が特に良かったらしく、お手紙がたくさん来ました。それを読んで、プルメリアって本当に愛されているんだな...と実感。一緒に楽しむ事の楽しさを知りました。それから、メンバー募集の告知をして最初は20名からはじめたプルメリア・ユニバーシティですが、あれからなんと10年!!!!沢山の方に助けられながら楽しく続けられた事に感謝です!ムリせず細く長くをモットーにしていますので至らない点もあるかと思いますが今後ともよろしくお願いいたします。

2013年は10th Anniversary Yearでもあります。10周年記念しないとですね!




2013年1月18日金曜日

Lutica

何色が好きかと言うと、やっぱり黄色いが一番好き。元気が出る色です。プルメリアを好きになったのは、一番最初に黄色いCeladineを見たからかも知れません。

花弁全部が黄色いものって、ピンクやレインボーに比べると数が少ないと思います。私は黄色コレクションを増やそうかな....と自分の中で密かにテーマを決めています。ピーチ系も好きなので、結局色々増やしてしまうのでしょうが....。

Nebel's Gold(ネーベルズ・ゴールド)も花弁が丸く厚みがあってかわいいので大好きなのでMust Haveですが、去年から気になっているのはこの黄色いプルメリア。プルメリア・ルティカ。カップ状の花弁で(Vera Cruz Roseと同じ咲き方)プルメリア独特のくるっと丸まった花弁の重なりが大きいタイプです。まだ育てた事ないので、挑戦しようかと思っています。


2013年1月17日木曜日

Dwarf Deciduous

ドゥワーフ・デシドゥワスは今年おすすめしたい品種です。
特に、Dwarf (矮小)プルメリアを探している方なら、このプルメリアを育ててみてください。比較的コンパクト種ながら(枝はちょっと細め)育てやすく、花がとっても大きいのです。

『小さく育て、大きく咲かす!』

そんな日本向けのプルメリアです。香りも良いんですよ!

冬号のPU PRESSでもご紹介しています。写真を撮ったハズなんだけれど画像が必要な時に見つからなくて....今日ふと開いたファイルの中に見つけてしまった....。こっちの方が良い写真なのに使用できなくて残念。何事も、探している時には見つからないんですよね。




2013年1月16日水曜日

2012年がようやく終わりました。

ようやく私の2012年が終わった感じ...というのは。

PU PRESS冬号発送しました〜!!!!!!!!!

◎特集1:寒さ対策
◎特集2:ジムリトルナーセリーの品種を一挙公開!
◎プルメリア・リサーチ:志木フラワーの温室1年。
◎品種紹介:Dwarf Deciduous

以上の内容となっています。

取材に時間がかかって年内に発行が間に合わずご迷惑をおかけいたしました。数日中にはお手元に届くと思いますので、お楽しみに!

冒頭のPlumeria Letterは読み直してみたら、年が明けて発行したせいで、今年の話なのか、去年の話しなのか訳分からない文章となってしまいました.....すみません。

取り急ぎ、ご報告。
わ〜い!終わった〜〜!!!


2013年1月15日火曜日

大雪被害

私の地植えTi Leafが今年も種を付けて、冬でも調子が良い!と書こうと思って写真を撮った次の日に大雪になり。。。。


雪の重さでバッサリと折れてしまっていた(泣)根が一昨日の寒さでダメージを受けていなければ、春に脇芽が出てくると思うので、春に期待。


私は昔からコーヒーが大好きです。コーヒーが飲みたくなるから朝起きる。

昨日は友人が週1回だけ銀座でお店を出しているコーヒーを飲みに行ってきました。とにかく豆にこだわっていて、昨日は最高級のマンデリンを飲みました。コーヒーが飲めない人もこのコーヒーマスターの入れるコーヒーなら飲めると思います。こんな気分なんだけど...と言った気分に合わせたコーヒーの味も出す事ができます。


豆とコーヒーの話しも上手。『フリーランスのコーヒー職人』なんて.... そんな職業があるのか?と思うんですが(笑)色んなところへ出張して最高級のコーヒーを入れています。呼べばパーティーにだって、会社にだって来てくれます。


そんなマスター、大雪の日に地元の井の頭公園にある温室が50年たち老朽化。取り壊される事を聞いて、見に行ってみたら大きなコーヒーの木が温室に!赤い実もつけていたそのコーヒーの木は、その日に伐採されると聞いて、枝をいくつかレスキューしにいったそうです。その枝が愛おしいのか、移動中も、コーヒーショップにも.... とにかく持ち歩いていて面白かった(笑)ちょっと気持ちは分かります。枝は挿し穂として、実は種として沖縄でコーヒーとパパイヤ農園を営んでいる友人に送るそう。こうやって植物が愛されているってすてきですよね。

きっと、みなさんも地元の温室が取り壊される事になったら、まっさきにプルメリアを救いに行く事でしょう♪

2013年1月14日月曜日

Moir Pink

昨日「暖かいですね〜!」なんて書いていたのは何だったのでしょうか。

今日は一転、すごい雪でしたね。さて、地植え実験中のシードリングは案の定、雪まみれに。どうなってしまうのでしょう??次回見るのが怖すぎます。

先週水やりをした温室内のプルメリア。水をあげたら葉が動き出してしまいました。水+気温があると動いてしまうし、難しいですよね。ちょうど良い感じが。


そうそう。お花の紹介の続きをしようとしていたんです!!

昔からあるオススメのプルメリアと新しい品種を同時に紹介します。まずは私も大好きなMoir Pink(モイヤー・ピンク)初めて咲かせた時、なんてやさしい色なんだろう!と感動しました。中心がオレンジ色なのも気に入っています。長年愛されているピンクプルメリアの一つです。
Moir Pink




2013年1月13日日曜日

Plumeria Bookその後の管理

今日は比較的あたたかい一日でしたね。春までもう一踏ん張りです。プルメリア達も、もうしばらくの我慢ですね。でも、明日は寒いとか... 。
プルメリア・ブックには冬の管理や害虫なども記してあるので参考にしてみてください。


さて、今日はプルメリア・ブックP62、63で紹介していた『寄せ植えに挑戦』というページがありますが、この撮影はハワイで行いました。1年経ち、先日ハワイに行った際にどうなったかを見てきましたので、寄せ植えのその後についてお知らせしたいと思います。


1年経ち冬を迎え、落葉したプルメリアは......シダの葉に占領されていたので、春に向けて整えてきました。


これはこれでキレイなのですが、あくまでも育てているのはプルメリアなので...。

シダはバッサリと切りおとしました。

ちょっと寂しい感じですが、さっぱりです。これでプルメリアにも太陽があたります。春に花芽をつけるために、良く太陽に当てないと。

赤っぽいシダはあまり背が高くならないので、赤いのだけでも良かったかな。ただ、色んな色のシダを使ってみたかったんですよね。でも背の低いグリーンのシダが撮影の時には見つけられなくて.... 。

家のオーナーは仕事で海外へ行っていて不在だったので、切り取ったシダはブーケのようにして、グローサリーストアで見つけたプルメリアの写真入りのミネラルウォーターのボトルとお花とお土産と一緒に家に飾っておきました〜!

2013年1月10日木曜日

アロハミーティング開催のお知らせ

アロハミーティングとはメンバーが集まって自分のプルメリアの生長を報告し合ったり、新しい友人を作ったり、PUの活動を報告したり、今後の事を相談して話し合ったりしています。通常夏に1回開催するのですが昨年は夏はイベント等で忙しく、9月に開催しました。すごい台風の時で、1時間早めに切り上げたのですが、まだまだ話し足りないようで....。「もう一度開催しないんですか〜?」のお声をいただいていました。昔はクリスマスの時期にポットラックパーティと言って、皆1品持ちよりでの簡単なミーティングも行っていましたので、プルメリがが休眠中の冬にもミーティングがあっても良いのかと思います。

これは2012年度メンバーやその家族、友人などが参加可能です。(更新が2月末なので、2012年度メンバーとは2013年の2月末までとなります。)プルメリア・ユニバーシティにご興味のある方もメールをいただければ参加可能です。ぜひ体験入学的にご参加ください(←そんな大それたものではありませんが....)

今回はハガキの発送はありません。お昼を食べながら気軽に色々話し、その後ミーティングルームに移動をして勉強会を行います。....とは言ってもリラックスした会です。お一人で参加しても全然問題ないので、お気軽にどうぞ。ホームページ&近日中に発送予定の会報誌PU PRESS冬号でご案内をしています。ぜひ沢山のご参加お待ちしています。

今回のミーティングのメインイベントは!!!
ジムリトルナーセリー&ファームスより預かって来た写真画像をスライドショーでご覧いただけます。Exclusive for Plumeria University!!! お楽しみに。

Aloha Meeting Returns!
2013年2月2日(土曜日)
時間:12:00〜4:00pm
場所:東京都江東区青海2-7-4 theSOHO 1F the Canteen
1Fのカフェ ザ・キャンティーンにて行います。


2013年1月9日水曜日

Let's Vote!!

質問です。

『プルメリアを何鉢育てていますか?』

トップページの右のバーに表示されている質問にぜひお答えください。ブログを読まれている方が初めてプルメリアを育てようとしているのかどうか知りたいと思っています。私のまわりにはとっても上手に沢山のプルメリアを育てられている方が大勢いるので、もっと基本的な事もあらためて記載した方が良いのかな...とふと思いました。

統計をとってみようかな、と。

0鉢
1〜10鉢
11〜50鉢
50鉢以上

というボタンがあります。1つ選んでから『Vote』というボタンを押してください。

携帯でご覧になっている方は、スクロールして下の方に“ウェブバージョンを表示”という表記があります。そこを押すとPCで見るような画面になると思います。

結果が、ちょっと楽しみ。
Let's Vote!




2013年1月8日火曜日

冬の水やり③

昨日はブログを書いている途中で.......携帯持ったまま寝落ちていました。まだ今年始まったばかりなのに、疲れてはいられません。

温室の棚にぎゅっと重なり合う様に鉢を並べていると、水やりがとても難しいです。鉢の数ほど受け皿を持っていませんし、場所を取るので全部に敷いてある訳ではありません。水やりの度に毎回かならず床を濡らします。

むちゃをせずに、ちゃんと丁寧にひとつひとつ水やりをする事を覚えました。水をこぼしても良いように、ボールに鉢を入れて一鉢ずつ様子を見ながら水やりをします。急がばまわれです。

室内での水やり
かわいそうにシワシワ。あと1週間早く水をあげれば良かったです。

Dwarf Singapore Pinkの葉は丸葉で光沢があります。冬場はなるべく葉を落とさないように暖かい部屋で管理。 矮小プルメリアは場所を比較的取らないので良いですね。


葉に黒い斑点がある事に気がつきました....。病気ではないのは確かです。毎年冬にはこのようになっています。寒さでしょうか!? 葉の表裏を良く観察してみると、もともと虫に葉汁を吸い取られたり、傷が付いていた跡があるようです。傷付いた葉が寒さで傷んできている感じのようにも見えます。




2013年1月6日日曜日

仕事はじめ

お正月も終わり、今日から通常業務です。年賀ハガキを送っていただいた方、ありがとうございます!どれも楽しく読ませていただきました!

さて、今年のお正月にはJLナーセリー&ファームスの苗木の2013年度の予約販売もリリースしました。今年新たに追加した苗木は高価すぎてびっくりした方も多かった事でしょう(笑)。
本当は載せるのやめようかと思って最後まで悩んでいたのですが(お正月からびっくりさせたくなかったし、ジムさん自身もまだ木が1本しかない事を懸念して、販売には時期早々と思っていたので。)でも、やっぱり知りたいじゃないですか。新しい品種にはどんなものがあるのか....とか。買えないけれど、買おうと思えば買えるとか...。今後数年たてば徐々に値段は下がっていきますので、それまでのお楽しみにとって置いても良いですね。

プルメリアはまだまだ素敵な品種が沢山ありますので、長年愛されているお花の中からも、ぜひ毎年少しずつお気に入りを見つけて大切に育ててみてください。

でも、何がすごいって世界最大のプルメリア農場の苗木が1本からオーダー出来る事。しかも、ジムさん自身が枝を選びカットし準備をしてくれてます。

「はっきり言って、めんどくさい&時間がかかる!」

と言われますが、これだけはひかずに「数ある中から選べるのが楽しいんです!!!」と私の個人的な意見を代表して押し通しています。でも、確かに木に名前は書いてないので、場所を調べて、広い農場を走り回って1本を用意するって考えるだけでホント大変そうです。貴重な品種は人に触らせないし(←プルメリアを本当に愛しているんです)

悲しいかな、これだけ品種があるとほぼ1本〜数本ずつという事になってしまうのです。嗜好品に近いですね...。皆テイストはバラバラ(笑)ほんと...ジムさんにも多品種&少量のオーダーですみません。プルメリアファンが増えるようにもっとがんばりますので、ゆるしてください〜!

PUホームページのトップページに使用したプルメリアはEdi Moragneです。美しい!




2013年1月5日土曜日

Makaha Rell Sunn

マカハ・レラサン(Makaha Rell Sunn)通常マカハ・サン(Makaha Sunn)という品種名で呼ばれている場合もあるようです。でも、マカハ・レラ・サンと呼びたいです。そうでないと、彼女の名前だって分からないのですから....。

レラサン。サーフィンをされる方ならば彼女の名前を知っている人は多いでしょう。マカハ出身で女性サーファーのパイオニアです。1998年、48才の若さで惜しまれて亡くなったのですが、写真や話しなどで知る限り、とても美しく太陽のような女性です。

マカハで行われているメネフネコンテストという12才以下の子供のサーフィン大会があるのですが、その正式名称はThe Rell Sunn Menehune Surf Contest(レラサンのメネフネ・サーフコンテスト)です。このノースショアで行われるコンテストには、リトル家サーフレジェンドの兄さんも、子供たちの為にポスターにサインしたりするようです。コンテストに参加した子供は色々なサーファーの写真が入ったポスターを大事そうに抱え一列に並び、一人ずつその写真にサインをしてもらうのです。とてもかわいい光景でしょうね。子供たちに夢を与え、将来ここからプロサーファーになる人も居るのでしょう。


そんな、レラサンをプルメリアで表現すると....こんな美しいプルメリアになりました!太陽の様に明るく、美しいブルメリアです!




ちょっと温泉に...

昨日のお昼に出発して、温泉に1泊してきました!
近場に行ったので渋滞もなく、今日の夕方には戻って来られたし楽でしたね。
美味しいご飯を食べて、温泉に何度も入って、ゴロゴロして、ちょっと遅ればせながらお正月気分になりました。

日本の四季は大好きだけれど、早く春にならないかな....と、やはり暖かい季節が待ち遠しいのであります。

明日からまたプルメリアの話題に戻ります!



2013年1月3日木曜日

冬の水やり②

さて、まずは昨日の水やりのご報告。
上から順番にMele Pa Bowman, Waimea, Hula Girl Red。シワシワが完璧に戻った訳ではないけれど、あきらかにシワがなくなっています。昨日の写真の見比べてみれば一目瞭然ですが、一晩でこれだけ復活したら十分でしょう。葉が全くないWaimeaとHula GIrl Redはまだシワが少し残っていますが、休眠中なのでこれ以上の水やりは控えます。明日になればもう少しシャキっとするかも知れませんし、このくらいであれば気にせず置いておきます。






温室の中のプルメリアも水やりをしないとシワシワでした....。これも一ヶ月ぶり。加温は10度でパネルヒーターを使用しています。現在午前中で温室内は15度です。
それより散らかった枯れ葉を片付けないと....。室内で落ち葉拾いって、熱帯植物を育てている人の宿命なのでしょうか。


大きめの鉢植えはシワシワにならずにちゃんと休眠できています。やはり根がしっかりとしていると管理が楽ですね。


毛布の入っていたこの袋も使えるんじゃないかと思いとっておきました。保温効果のありそうなものはなんでも利用します。