2014年3月29日土曜日

Rainy Rainy Sunday

雨だけど風があたたかい日曜日。仕事日和です!(無理やり前向きな発言で自分を励まします)


とりあえず気分転換にお花を摘んでから。種から育ったクリスマスローズは園芸品種と比べたら素朴な印象だけれど、グリーンとホワイトの配色がとてもかわいいです。何もしなくても地植えで毎年花を咲かせてくれるのでうれしいです。

Helleborus Seedling

昔(5年くらい前?)はこの時期には待ちきれずに大きめの鉢植えを外に(屋根のある場所ですが)出してみたり、種植えてみたり、土いじりをしていた気がします。今はなんとなく怖くてまだ出せない。気温のせいか、色んな品種が増えたせいでちょっとビビっているのか。どっちだろう。

プルメリアが動き出すのは温度だけではありません。温度に加え、上からの光がしっかりあたる温室では早く動きだしますが、室内の環境で育てている場合には光が十分でない為、動き出しも遅いです。外に出して安心して育てられる時期はゴールデンウィーク頃です。春の花が咲き始めると、プルメリアも動かないかな〜、花芽出てこないかな〜、と願いますがもうちょっとの辛抱かな。

椿も絵を描きたくなるほどキレイ。

Camellia

玄関にはつねに剪定ハサミがスタンバイ!



2014年3月28日金曜日

プルメリアハニーと

朝食にヨーグルトにプルメリアハニーをかけていただきました。プルメリアハニーを購入した方から寄せられた「美味しい組み合わせ」。

濃厚だけどさっぱりとしたプルメリアハニーに、濃厚な美味しいヨーグルトとの組み合わせ。

見るからに美味しそうだった。


すごいとろ〜っ、としていてなめらか〜。


小岩井のグルメファンというプレミアムヨーグルトに、プレミアムハニーのコラボは朝食にしておくにはもったいない、デザート級の美味しさでした!
教えていただきありがとうございます。クセになる美味しさです。


ハレイワのマツモトシェイブアイスでもJL Plumeria Farm Honeyの取り扱いが始まりました。ハワイへご旅行へ行かれる方はぜひお試しください。



現在マツモトシェイブアイスのあるハレイワの一角が再開発により工事がはじまっています。新しい建造物によってハレイワのノスタルジックな風景が変わってしまうと寂しいけれど、新しい店も増えると思うから、話題のスポットになり観光客の人も増えるのかな。



農場へ行く朝は早いからまだお店はどこもオープンしていなくて、とっても静かな街だけど、帰りに寄る時はマツモトシェイブアイスの行列はハレイワのおなじみの風景。こんな風景はなくならないでほしいな。




次回プルメリアハニーの第二弾を持って帰ってくる予定でいます。茅ヶ崎アロハのイベントには少し置けるかな。プルメリアの苗木にしても、この瓶詰めのハニーにしてもなぜ重いものばっかりなのでしょう〜。

2014年3月26日水曜日

JL Queen Kapiolani

JLナーセリーがインスタグラムで新しい品種を紹介していました。これは新しい品種でJL Queen Kapiolaniと命名したそうです。カピオラニ王妃とは、とても素敵な名前ですね。(カピオラニ王妃はカラカウア王の奥様です。)




このお花、Plumeria Bookの115ページに出している写真と似ていません?色の印象がとても近いです。この時は名前が付いていない花でした。ピンク色が独特で「マグロの霜降り」って勝手に呼んでいました(笑)下品な通称で呼んでいてすみませんでした...。


Plumeria Book P.115

プルメリア・ブックの撮影も3月下旬頃で、ちょうど咲いていたし、開花の時期も合っている気がします。リリースするまでには何年もかかるんですね。

2014年3月25日火曜日

絵を描く時間

連休に掃除をしていたらスケッチブックが色々出て来て、昔は咲かせた花をスケッチしていたのを思い出しました。今、そんな時間全然ない.....。昔の方がヒマだったんだな、と思う。写真も良いけれど、色とか形を良く観察するから絵を描くって良いんですよね。

昨日はひさしぶりに本気の徹夜仕事。。。今日は一日中、もぉ〜っとしています。今は絵を描く時間より睡眠をとります。「わーい!寝れるってサイコー!」



2014年3月23日日曜日

Fun day! Sunday!

とっても良い天気でしたね。部屋にこもっている日が続いていたので、太陽を浴びに出かけました。グリーンと土の感触がとても気持ちよかったです。

カラシ菜を摘んだり(塩漬けにしておきます)、沼地からわき水が湧いている所にクレソンが自生しているので、それを摘んだり。

収穫したり、何か拾い集めたりするのが好きなようです。良い気分転換になりました。



室内温室は20度ちょっと。丸葉系の常緑〜半常緑種の鉢植にだけ、午前中に少しだけ水をあげました(3ヶ月ぶりですね)。残りは自力で葉が少し動き出すまで待ちたいと思います。もう少しの辛抱。温室が外に移動出来ればもっと太陽が当たるので、気温も上がり一気に動き出してくれるんだけどな。

2014年3月21日金曜日

美味しいパッタイのお店:Opal Thai

PUのTシャツが足りなくなって再版をお願いしたんだけれど.....なぜかまったく違うサイズのものが大量に届き、XLがいっぱい!発注を間違えたらしいのですがオーダーしていないXXLまで届いて。Sサイズは1枚も入ってないし、どうなっているの〜#$”%^&???
日本らしからぬ間違え。



自由すぎるオーダーで思い出したけれど、ハレイワ・ショッピングプラザに入っているOpal Thai(オーパル・タイ)っていうタイ料理レストラン、とっても美味しくて好きなんだけれど、ちょっと問題が。

オーダーしたものが出て来ないのよぉ〜。オーナーの人はいつもハイテンションで、オススメを持って来るんです。その日は『ベジタリアン・パッタイ』が食べたかったの。そしたら、次々とオススメのベジタリアン料理をこれも美味しいぞ!って色々持ってくるの。量は多すぎず、どれも美味しかったんだけど・・・最後までパッタイ出て来ず(笑)自由すぎるだろ!ハレイワでは許されるのかも知れない。

何て言えばパッタイ持って来てくれる?ってハレイワに住む友人に聞いてみた。『何もって来てもいいから、絶対パッタイも持って来てね!』ってお願いするんだって。次回リベンジしてみようか。。。

そんなことがあっても、許されるオーナーのハイテンションさと、美味しさがあるのよね〜。


 Shrimp Pad Thai










2014年3月19日水曜日

3月の風と4月の雨で5月の花が咲く。

雨です。
ひと雨ごとに「春」が近づいているね。と感じる日本ですが、イギリスでもMarch winds and April showers bring forth May flowers.『3月の風と4月の雨で5月の花が咲く。』ということわざがあるそうです。どの国も春は待ち遠しいものなんですね。

プルメリアもみんな5月頃につぼみを付けてくれたら良いのだけれど。良く考えたら、品種によっても咲く時期が違うんですよね。同じプルメリアなのに...。全く開花が読めない所がプルメリアらしい所です。

今の時期の注意点は、気温が上がったり下がったり激しい事です。春までにあと数回は気温が急激に下がる時があると思います。ちょっと気温が上がったからと言って、慌てて水やりをしないのがコツです。もうちょっとの辛抱です。

雨の日に咲く素敵なプルメリアをご紹介♪
友人KANちゃんのアートワークを使った傘が販売されたようです。色違いもあってとってもかわいいよ。このプルメリアとっても素敵です。



こちらは同じアートワークの絵柄のアルバム。咲かせたお花はこのファイルにコレクションするのも良さそうです。


こちらから購入できます→オンラインショップ
彼女の作品はこちら→HawaiianPaint KAN


これは私のコレクション。ウッドに絵柄を焼き付けてあるから、立体的です。本棚にしまってしまうのはもったいないので、常に机の上に置いてあります。


わたし仕様になってるよ。
こちらは前回の個展の時に購入して、事務所に飾ってあるもの。3色あるけどKANちゃんがやっぱり黄色でしょ!と、黄色を選んでくれました。

2014年3月18日火曜日

茅ヶ崎アロハの出店が決定しました。

今年もプルメリア・ユニバーシティは『茅ヶ崎アロハマーケット』に参加する事が決定いたしました。5月中旬以降はプルメリアを植えるのに最適な時期です。今年からはじめて植える方や、新しい品種を育ててみたい方、ぜひ遊びに来てくださいね。プルメリアに関する質問に的確にお答え出来る良いチャンスでもあります。ぜひ今からスケジュールをあけておいてくださ〜い!

2014年5月10日(土)9:00〜17:00
2014年5月11日(日)9:00〜17:00
会場:茅ヶ崎公園野球場周辺



2014年3月15日土曜日

冬の水やり回数:報告

3月も中旬になり、プルメリアが活動をはじめるにはまだもうしばらくありそうですが、河津桜は満開になり、植えた覚えのない日本水仙が顔を出し、ふきのとうを摘み、少しずつ春のおとずれを感じます。


花を摘むのが大好きな事を知ってか、友人が誕生日プレゼントにくれたのは花瓶のネックレス。これなら道ばたの小さな花も素敵に見えそうです。しかも、とっても良い香りが漂ってきます。九十九里のガラス工房PRATO PINOの作品だそうです。



さて、本題。冬にプルメリアを枯らしてしまった方からの連絡もこの時期には増えてきます。どこで失敗したのか分からない....。水やりの回数も減らしたのに....。本に書いてあった通りにやってみたけれど、実際には『加減』が分からない。など、文章でも言葉でもうまく説明しきれないのが「水やり」です。母親に調味料の分量を聞いても「適量」としか答えが返ってこないのと一緒でしょうか。結局は失敗を含め経験を重ねないと覚えられない事のひとつのようです。

私も「適量」じゃなくて、料理本のようにもう少しきちんと説明ができれば。と思い、今年の「水やり」を振り返ってみます。

ここ数年特に冬に気温が下がる事が続いているように感じます。みなさんが管理をしている地域にもよりますが、室内に移動するタイミングも早まっています。

10月中旬:水やりの回数を控え始める
10月末:急激に気温が下がり、あわてて室内へ移動させる(小さい鉢)
11月上旬:すべての鉢を室内へ移動

実際の水やりの回数:2013年11月(2回)


実際の水やりの回数:2013年12月(常緑〜半常緑種1回、ルーブラー種0回)


Plumeria Bookの時にも真剣に考えて分かりやすく書いたつもりでしたが、12月の水やりは1ヶ月に1〜2度表面を濡らす程度。となっています。でも、今年の実際の水やり回数は0回でした。


実際の水やりの回数:2014年1月(0回)


現在3月半ば。3ヶ月半もの間断水されたプルメリアの苗の状態は....というと。
比較的大きな木は体力もあり、ほとんどシワもなく休眠しています。ある程度大きくなると、プルメリアの冬越しもラクになります。


植えて1年目(はじめての冬越し)のプルメリアは根の張りも弱く体力がないのでシワシワになってきますが、葉を全部落としている場合には水をやらない方が無難です。太陽が当たると暖かいビニール温室の中ですが、夜は気温が下がると思うで、少し水を与えたいのを春までぐっと辛抱しています。*幹を触ってしっかりと堅ければ良い状態。


結局12月から一度も水やりをしていなかったという結果です。冬は本当にやる事がないんだという事が判明してしまいました。

プルメリア:Bare Root (裸根)

Bare Root Plumeria(ベアルート)のプルメリアとは、 土を落とした『裸根』の状態のことをさします。 バラやフルーツなどの花木はよくこの状態で販売されているのを見かけますよね。

プルメリアも裸苗はとても扱いやすい事に気付きました。冬は休眠しているので一切水を与えなくても良いし、場所とらないし、今ぐらいの時期ですと調子の悪い苗はすでに状態が悪いのが分かります。反対に、状態良く休眠している苗も見て分かります。

今日はジャンク植え(まとめて鉢に挿して発根をさせている)の苗木を鉢から出してみました。

これはVera Cruz Roseの苗木。枝も堅くしっかりとしているので良い状態で休眠している事が分かります。お水はもう何ヶ月も与えていません。


細い根は枯れていますが、太い根は白く残っています。春に慌てて水を与えずゆっくりと起こしていくのがポイントです。気温が上がってくると勝手に葉が動き出してきます。



なんと!4本中2本に花芽が立ち上がっていました。起きてきています。でも水はあげません。このVera Cruz Roseは早咲き品種でもありますが、秋にも花芽を付けるので、四季咲き?と思うほどです。優秀な強健種だと思います。


今日気付いた事があります。
プルメリアの枝を挿していた、水を3ヶ月以上も与えていない、パーライト100%の「超乾きやすい土」の中に手を突っ込んでみた所。。。
見た目にはカラカラに乾いている状態ですが、なんか、あったかくて、しっとりとしているんです。あったかいのは午前中日が当たっていたからだと思いますが、少し湿り気を感じる事に驚きました。いままで手をしっかりと鉢の中に入れてみた事はありませんでしたから。

表現すると『寝汗をかいたお布団の中』って感じ。もしかしたらプルメリアの水分が蒸発した時にはパーライトがその水分を吸って、パーライトは水を与えなくても微量ながら湿気を保っているような気がしました。




シワシワになりながらも、プルメリアの苗はがんばって寒い冬に耐えています。

2014年3月13日木曜日

苗木のプリカット

プルメリア・ユニバーシティではジムリトル産の苗木を必要に応じてプリカットをしています。特にJL品種で根付くのに時間がかかるものはジムリトル氏の判断により、前もってプリカットしてもらっています。

『プリカット』とは事前にプルメリアの枝をカットしておく事を意味しています。
少しだけ枝にハサミを入れ枝をポキッと軽く後ろに倒しておきます。枝の一部はまだくっついているので、栄養分がいきます。カットされた部分は乾燥していくのでカルスが形成されていきます。カットプリカットをする事によって、お届けする段階で健康なカルスが形成された苗木をご用意できるよう、出来る限り最善をつくしたいと思います。
数週間〜1ヶ月近くかけて準備をしてから最後に枝から切り取ります。



カットした枝にはスプレーしてマーキングをしておきますが、あれ?どこだっけ?と言いながら木の周りを歩き回る。という事はよくあります。
大きな農場の、そのまた沢山ある木の、特定の品種の、緑色のマーキングのある、1本の枝を探す、宝探しが続きます(笑)


3月15日(土)締切

2014年3月12日水曜日

プルメリア早咲き品種

すごい強風と雨でしたね。台風みたいでしたが、南風になっているのを感じました。春に近づいているって事ですよね!

今年ハワイは、とても雨が多いです。今までにこんなに雨が続く時はないくらい、2、3月は特に雨が多かったそうです。しかも寒い。

長雨がプルメリアの木にどういった影響を及ぼすか分からないですが、雨が降っていると枝をカットできないので、そろそろ気候が安定してくれると良いな。

今の時期すでに咲きはじめているのが早咲きの品種。 JL Church Ruffles(チャーチラッフル) とJL Hawaiian Coral(ハワイアンコーラル)などです。農場でも丸坊主の枝が多い中で花が付いていると、とても目立ちます。早咲きとは言っても、日本で育てると開花の時期はずれると思います。

JL Church Ruffles

JL Hawaiian Coral

ハワイでは日本より先に春になります。花芽がたくさん上がってくる頃ですね〜。常夏と言っても気温差もあり、春夏秋冬を感じます。いや......冬と言っても20度近くあるから、春と夏が交互に来る感じかな。今年はすこし気温が低くハワイに「秋」が来たから、みんな寒いって言っているんだと思う。



3月15日(土)締切

2014年3月10日月曜日

Search for 3.11

本日 Yahooで「3.11」というキーワードで検索をすると10円がYahoo! 検索より東北を応援するために寄付されます。

あなたもぜひ!




2014年3月8日土曜日

4品種追加いたしました。

とうとう1週間前となりました!!プルメリアの苗木予約受付締切は3月15日(土)となっております。締切間近ではありますが、お問い合わせのあった品種を追加させていただきます。

JL Goldilocks(JLゴールディロックス)は花径8cmでレイにも最適なしっかりとした花弁と、オレンジ色に赤い斑入りのような色合いが特徴です。

JL Goldilocks

JL Prismatic(JLプリズマティック)は花径8〜10cmのレインボープルメリアです。頭にJLと付いた名前はJim Little氏が品種交配して生み出した登録品種です。

JL Prismatic

JL Orange Crater(JLオレンジ・クレーター)は花径8〜10cm程度で中央がオレンジ色なのが特徴です。香りはマイルドです。マイルドというのは中くらいという意味です。香りの強さも色々な説明の仕方があると思いますが、一般的には下記のような感じです。
Strong:ストロング=強い
Mild:マイルド=中
Slight:スライト=弱い

JL Orange Crater

Cookstown Sunset (クックスタウン・サンセット)は8〜10cmの花径のレインボープルメリアです。
Cookstown Sunset





2014年3月4日火曜日

プルメリアの原種 Tuberculata

プルメリアの原種(Sp.) Tuberculata(チューベキュラータ)をご紹介。原種に興味がある方は比較的少ないかも知れませんが、花だけでなく、プルメリアはサボテンみたいにその樹形なども楽しめるんだよ!という参考までにご覧ください。

原種の特徴として、花は白く香りはありません。葉は丸くツヤツヤしています。そのゴツゴツとした枝はかわいらしいプルメリアの花の印象とはほど遠いですが、そのワイルドな感じが気になる原種プルメリアです。