2015年3月31日火曜日

Hello Spring! Hello April!

日本は桜が満開だと聞きました。かわりに満開のIndia(インディア)でお花見気分です。他のプルメリアはまだ動いていませんが、植えてある場所が暖かかったのか、ここだけ満開に咲いています。




今年はハワイは寒い冬となり花の動きが遅いといいます。私もいつもより早い時期に来ているので、花を見るにはちょっと早いようです。つぼみはたくさん動き出してきていますが、まだほとんど咲いていません。花を見られないのは残念だけど、休眠から目覚め枝に栄養を蓄えた水分が戻ってきた段階です。枝をカットするには良いシーズンです。


雑草をカットしながら辺り一面にミニトマトが育っているのに気付きました!農場のあちこちにあります。種がどこからか飛んできたのか!?プルメリア農園の足元は現在広大な範囲でミニトマト農園となっています。

トマトをつまみながら雑草カットとプルメリアの種集め。ワイルドトマトは小粒だけれどとっても甘くておいしかったです。






2015年3月29日日曜日

まずは、お買い物

今日は午前中大雨だったので買い物に。ハワイでもまとめ買いはコストコ(アメリカではコスコと発音します)です。




ごはんは焚くほど食べないから、とりあえずレトルトで十分です。スムージー作ろうと思ってフルーツを多めに買いました。



箱には「ハワイ産を買おう」と書いてあります。どこも地産地消がベストですね。



日本のコストコにこのプルメリア柄のボトルの水があったら思わず買っちゃうと思います。



茹でたビーツを見つけました!4つに小分けされパックされています。前回の滞在でとても気に入った食材です。今回はベイビーほうれん草も買ったのでサラダに入れてみたいです。



豆腐はよく使うので買っておきました。ハウス食品がアメリカ輸出用に作っているようです。なぜかドラえもんです。



コストコ、サムズクラブ、ウォールマート、フードランドの4件もはしごして買い物しました。日本じゃ面倒くさくてコストコ、イオン、西友、イトーヨーカドーをはしごしたりしませんよね。見慣れない食材などもあり、見ているだけでも楽しいのですが、家に戻って「信じられる?食料品買うのに4件もはしごしたんだよ!!!」って言ったら、声をそろえて「それがジムだよ」と言われました(笑)

Wahiawa, Foodland




2015年3月28日土曜日

夕日がきれいでした

木曜日からハワイに来ておりますが、日本では洗濯するヒマもなく30分で荷物準備して出てきました。褒められるものではありませんが、最短です。洗濯もできずにいたので、そのままこっちに持って来て洗いました。昔、雨の日にスタッフのAちゃんが事務所に洗ったシーツ持ってきて、仕事している間にコインランドリーで乾燥機回してたの思い出しました(笑)

滞在しているのはノースショアですが、ワイキキ(車で1時間〜1時間30分くらい)で打ち合わせもあり、バタバタとしていましたが、今晩はリトル家3月生まれの誕生日会を開いてくれました。私も3月なのでHaleiwa Joe'sのレストランで一緒に祝ってもらいました。みんな多忙で集まるのがどれだけ大変か知っているから本当に嬉しいです&ギリギリ遅刻刻せずに間に合いました!

ホームステイ先のお母さんが「私がどれだけ調整に苦労したか分かる〜?」と言っていましたが、分かります。うちの母親も定期的に家族みんなを集めるのに電話とメール攻撃で奔走しています。

バタバタの日でしたが、最後にキレイな夕日を見て1日を終える事ができてほっとしました。

Anahulu Bridge, Haleiwa

2015年3月27日金曜日

ジンジャー

プルメリアの話題でなくて申し訳ないです。こちらはレッドジンジャーです。日本では香りの良いホワイトジンジャーは地植えでも咲きますが、こちらの赤いジンジャーは耐寒性がなく、地植えができないので何年も葉っぱだけ育てていますが、咲かせた事がありません。

ハワイでは存分に楽しめるのも醍醐味です。


裏庭のジンジャーを好きなだけカットできるのも贅沢です。


こちらは違うタイプのジンジャーです。咲き方が面白かったので写真撮りました。新芽は、ほぼ「ミョウガ」です。



ミョウガは小さな花がピョコっと出て来るだけですが、これは同じ形状を保ちながら上へ、上へとさらに伸びます。


なんか膨らんできています。


もりもりと大きく膨らみ、花らしくなってきています。



まだ咲いているのが無かったので、咲いたらまたアップします!



2015年3月26日木曜日

プルメリアの季節です!

桜も咲き始め、今年もプルメリアの準備をはじめる時期となりました!

苗木のご予約いただいた方、ありがとうございます。オーダーの確認メールが届いていない方は誠にお手数ですがご連絡いただきます様お願いいたします。

数名様、携帯メールからのオーダーの返信が、着信拒否で届いていない様でございます。お手数ですが、PCからのメールが届く設定にしていただけます様お願い申し上げます。

今年もプルメリアの季節を楽しんでいきましょう!



小さい方のナイフはプルメリアの固まった樹液をこそぎおとす為のナイフ。あの白い樹液は何者なんでしょう。ゴムみたいですよね。

2015年3月23日月曜日

出来たぜ、一人旅!

私を知っている人は、私が出不精な事を知っています。ハワイへ行ったり来たりしていると「活動的な人」と見られがちですが、全く違います。会いに行く人が居る場合や、仕事として必要な場合にのみ動きます。なので、一人旅なんて絶対にしません。

そんな私が、日曜日のお昼に仙台駅に一人残されたら。。。

さすがに、せっかくだからどこか見て来なきゃ!となりました。在来線で30分程度で行ける『松島』に決定!観光窓口の人が日本に初めてきた外国人に教えるように、とても丁寧に教えてくれました。船にも乗りました。なんか、ちゃんと観光してるぅ〜!という満足感でいっぱいになりました(笑)






一部、津波で破壊されて形が変わってしまっている所があるようですが、それを含めて自然の彫刻です。地図で見るリアス式海岸を肌で感じる事ができました。




だんだんと、盆栽に見えてきました。。。





沖の方まで行くと、松が生えないんだな.....と。



松島海岸から船に乗り、帰りは塩釜港で降り、復興市場で海産物を焼いてもらい立ち食い。一人旅も電車の旅も、すごい楽しかったです!もっと遠くまで行ってみたいと思ったし、地元の中高生と交流ができて東北が身近に感じられたし、とっても有意義な週末でした。

家でシャワーを浴びた後、リラックスして旅の余韻に浸りながら食べた「黒毛和牛弁当」も良かったです!


行くぜ、東北。

ご報告遅くなりました。週末はレインボーキッズ同窓会に参加してきました。新幹線初心者なので、かなりドキドキして出かけましたが、仙台駅まで東京駅からたったの3駅で到着。近いじゃん。(あれ...みんな知ってました?)



駅が東北物産展祭りだった。すごいがんばってますね〜。


この山のふもとまで行きました。


スキー場に隣接するとってもきれいな施設です。



まだ雪が残っていたけれど、そんなに寒くなかったよ。


RFJK(Rainbow for Japan Kids)は震災4ヶ月後から毎年中学生をハワイに送り出してきました。合計153名だそうです。同窓会へは60名が集まりました。みんなお友達に会いたかったようです。

Change Makerになるためのグループワークショップを行います。何度も何度も、自分の好きな事、きらいな事などを書き出し、その後自己紹介を行います。短い時間で自分の事を紹介する難しさを体感。



ミュージシャンのハンサム判治さんがレインボーキッズのために魂の叫びをお届け!『人生大丈夫ンブンブン♪』のフレーズが頭から離れないですっ!!!被災地や世界の恵まれない子供達にウクレレを届ける活動を精力的に行っています。ここにはNPO団体など、すばらしい活動をされている方に沢山お会いする事ができました。



判治さんのパフォーマンスの後に、みんなも大きな声をだしてみよう!という事で紙袋の中で1つだけ自分の願いを叫びます。(紙袋だと周りにはほとんど何を言っているのか分からないので人には知られる事はなく、安心感があります。)みんなすごい大きな声でなんか言っていて、グッときました。心の中で思っていた事がすらりと出てきます。




夜は高校生5人と相部屋(笑)おもむろに宿題はじめたけど、10分も続かず。最後はずっと男の子の話題でした.....いたって普通の高校生です!




このRFJKに参加している子たちは福島、宮城、岩手の被災した子ども達だという事を忘れてしまいそうに元気な中高生ですが、まだ仮設に住んでいたり、福島の実家には戻れず違う場所に家を建て始めた事も教えてくれました。帰りのバスで一緒にお話しをした子は、ハワイへ行った事をきっかけに「ちょっとの勇気と行動で、ものすごい周りが変化する」という事を体感したそうです。それが分っていれば、この先ももう「大丈夫ンブンブン」ですね!*今年他のプログラムにも応募して合格。数ヶ月前にコカコーラが主催するホームステイプログラムに参加してきたそうです。(人生の運を使い果たしたかも...って言っていたけれど、運じゃなくて、行動した結果です。)

子供の為のワークショップでしたが、大人にとっても気付きのある内容でした。
人生は「よく考える」→「決断する」を何度も何度も繰り返す事だな...。そして、人生の目的は追い求める「何か!」を探し続ける事だと、個人的には納得しました。

そう、「何か!」でいいんです。良く分かんなくていいんですよ。
どうせずっと探し続けるんですから。


2015年3月17日火曜日

実生の寒さ被害

こちら宮城県石巻市の方からの投稿です。ビニールポットに植えている実生苗の被害の写真をいただきました。ちょうど土にあたる部分が黒く傷んでいるのが分かります。上部は問題なさそうなので、葉をとって切り口を乾かして気温が十分あれば植えても大丈夫そうですね。



寒さに比較的強い実生苗ですが、寒かったのでしょうか。この方に当てはまるかどうかは分かりませんが、色々なパターンがあるので考えられる理由を記してみます。参考にしてみてください。

  1. 寒かった
  2. 途中で思わず水やりをしてしまった
  3. 朝晩の寒暖差
  4. 休眠中は葉っぱは取った方が耐寒性が高まる?
  5. 土が2層になっている(そのまま植えられるピートモスベースのポットと、外側にあるパーライトベースの土とは乾き方が違います)
  6. 休眠させるには日光に当てすぎてもいけない(水分が蒸発しシワがよる)
  7. 苗が弱かった(他の実生苗は生きているので、育て方の問題ではなく、ただ単に弱い苗だった場合もあり得ます。)



個人的には、7番じゃないの?...とあまり細かい事は気にしすぎない事にしていますが、みなさんのご意見があればお聞かせください。メールありがとうございました。




陸の貝

今日は暑かったですね。桜のつぼみも日々大きくなってきています。

なんだか、バタバタしているうちにプルメリア苗木の予約受付締め切りが終了いたしました。ご予約いただいた皆様ありがとうございます。随時ハワイへは伝えていますので、ジムさんが必要に応じてプリカットをはじめてくれています。

やる事いっぱいで焦りますが、落ち着けよ!という意味を込めてスローな巨大カタツムリくんの写真でイメトレ。ハワイで見るマイマイは大きくてちょっとびっくりします。ハワイ固有種のマイマイは数が減少し希少だそうです。アフリカマイマイは食用として持ち込まれたらしいですが、外来種で農作物の被害もあり今では害虫だそうです。

多分、アフリカマイマイ

海の貝も好きだけれど、陸の貝も見つけたら拾ってしまいます。これは化石みたいに白くなっていてきれいだった。



それにしてもほんとに食べられるの、これ?ちょっと怖い。中身入りだったので(生きていたので)そうっと元に戻しておきました。カタツムリも面白い生き物です。




2015年3月12日木曜日

POPS

以前ご紹介したかも知れませんが、赤系のプルメリアで比較的育てやすかった印象があるのはPOPS(ポップス)です。Donald Angus(ドナルドアンガス)もとても良い品種です。

花弁の一部(先端の方)が白く変色する変わったプルメリアです。可愛らしい特徴だと思います。斑入り(Varigation)というのは出たり、出なかったりですが、これはそれとは違います。どこかしらにポツポツと白色の斑点が入っていてかわいらしいです。


POPS



2015年3月10日火曜日

4年後の3.11

もう震災から4年も経つんですね。

できる事から。という事で、プルメリアユニバーシティでは『育てた実生苗を販売し募金する。』という活動を続けてきました。

募金先はRainbow for Japan Kidsといって、日本の子供をハワイに招待する教育プログラムが行われています。ハワイの主催者の方から、仙台で開催されるイベントに誘われました。ハワイのプログラムに参加された東北の子供達が一同に集まる同窓会サミットだそうです。

私に何がお手伝いできるか分かりませんが、子供たちがどのように未来を見ているのかも感じてみたいし、参加させていただく事にしました。3/21(土)、22(日)のスケジュールで仙台に行ってきます。(初仙台〜!初東北〜!)

東北の子供たちの様子もレポートいたしますね。




Slaughter Pink

Slaughter Pink(スラウターピンク)これは、昔アメリカのプルメリアソサエティの会報誌に花が紹介されていて知りました。育てている人が結構居て私も育ててみたいな〜と、写真を眺めていました。

その数年後オアフ島のココクレーターにもこの品種が植えられたので、定期的にお花を見る事もできるようになりました。

淡いピンク色が好きな方にはおすすめです。エッジが濃いピンク色で、花弁はすらっとしていてシャープな印象です。開花前のつぼみは、他のプルメリアと比べ、すごくほっそりとしてエレガントです。育てやすいです。





3月15日(日)締切:





2015年3月7日土曜日

切り戻し、接ぎ木、挿し木

今日は様々なカットに関するポイントをご紹介。

ご存知のとおり、プルメリアは乾燥させた幹を植えます。切り口はしっかりと乾いている事が重要です。プルメリアの幹には水分が多く含まれています。カットするとダラダラと白い液が流れ出てきます。乾燥に強いのはこの水分を蓄えているおかげです。

【切り戻し】
プルメリアの穂木は切り口が乾いたものをそのまま土に植えます。必要がないのに切り戻したりしないでください。プルメリアの切り口が痛んでいる場合は切り戻しも可能です。ただ、様子を見ながら何度も切り戻すのは体力を奪います。プルメリアの穂木をカットする時も、長さを揃えるために切り戻しを行いますが、切り口が乾く前にその場ですぐに行います。





【接ぎ木】
2ヶ月たっても発根しない場合は「接ぎ木」に切り替えた方が成功率が高い場合もあります。5月に植えたものが7月に入って突然動き出す場合もあります。(発根に関しては夏の間、経験を元に随時ブログに明記しています)普段から台木(種から育てたものを使用)を育てておく事もおすすめしています。*古くから親しまれている品種は比較的発根が容易です。



【挿し木で増やす】
プルメリアを増やす場合も枝を適当な場所で切って、切り口を乾燥させてから植えます。挿し木用の枝が長い方がすぐに花が咲くと思われている方もいるようですが、ステムの長さと、花の咲きやすさは関係なく、カットした時期や品種によります。短かくても咲く準備が整っていたらステムの長さに関係なく咲くようです。

Celadine







2015年3月5日木曜日

子だくさんなSamoan Fluff

Samoan Fluff(サモアンフラッフ)は長い間親しまれているホワイトプルメリアです。花弁が丸くやわらかい印象です。これはレイにはあまり向かないプルメリアですが(それでも他のプルメリア同様、水に浮かべておけば長持ちします)

サモアンフラッフが持っている素晴らしい特徴をご紹介しましょう。

とにかく、子だくさん!プルメリアは一般的にあまり種を付けませんが、種が欲しかったらこの品種を絶対に育てるべし!と思うほどこれに勝る品種はありません。育てやすいCeladieneも種はそれほど出来ません。(付かない訳ではありませんが、少ないです。)レアな園芸品種にいたってはもっと頻度が低いようです。

プルメリアの種がぜひ見てみたいという方は、このビッグマザー的Samoan Fluffを育ててみるのも良いですね。

Samoan Fluff

Seed Pod


3月15日(日)締切:



2015年3月1日日曜日

プルメリアの生長した根の観察

ひと雨、ひと雨、春に近づいている感じがします。(まだ寒いけど)

写真はプルメリアの根です。公園の芝生なんかを良く見てみると、土の中から一部分だけ見え隠れしている根があります。緑色といい、根の表皮も通常のプルメリアの幹のようです。この根の部分だけ切って植えたらそこから脇芽とか出てきそうな勢いです。(見た事はないので、それはないのかな。)




2月中に品種の写真と名前が一致する様にウェブをアップしようと思っていたのに、確認が取れなくてまだアップ出来そうにありません。ううううーーー。大変ご不便をおかけいたします。申し訳ございません。今年の予約販売に間に合わないかも知れませんが、しばらくこのブログ左上の検索窓から品種名を入れてお調べ下さいます様よろしくお願いいたします。


3月15日(日)締切: