2016年7月24日日曜日

アロハヨコハマ2016:あと10日

日本最大級のハワイアンイベントが今年も開催されます。苗はすべてハワイ産、園芸品種のみを取り扱っています。発根済み苗をご用意しておりますので、当日植え替えのワークショップが行えますイベント10日前となり、そろそろカウントダウンをはじめないといけない時期になってきましたが、当日ご用意できる園芸品種名は追ってブログ内でお知らせいたします。今年も3日間ヨコハマでお会いしましょう!


アロハヨコハマ2016 supported by ハワイアン航空
2016年8月5(金)6(土)7(日)
10:00AM -9:00 PM *金曜日は2:00pmスタート
場所:横浜大さん橋





【主なワークショップ内容】
発根済み苗の植え替えと管理方法。
*プルメリアの苗は全てハワイ産(Jim Little Nursery & Farm)です。
秋からの管理と注意点。
その他プルメリアの育て方の質問にお答えします。
全額震災義援金となる実生苗(タイ産)の販売。ぜひご協力お願いいたします。


【PUメンバー】ボランティア募集(ブース内で育て方等のアドバイス。可能な時間のみご参加ください。あとは、ブース内で食べたり飲んだり情報交換したり...交流の場としてご活用ください。)*2015年度以降のボランティア参加メンバーでオリジナルTシャツをお持ちでない方は当日差し上げますのでブース内ではご着用願います。


【追伸】イベントまでに帰国できそうにないので、スタッフが準備を進めてくれています。すみません....。大変ご不便をおかけいたしますが、イベント楽しんでください! せめてもFACETIMEかスカイプ等で遠隔参加いたします〜。 by MAREKA


2016年7月22日金曜日

パドルアウト

数日前に携帯と車の鍵を入れたウォータープルーフのケースの『フタが開いたまま』ワイメアの海にパドルアウトしました。

たくさんの写真を無くしたけれど、無事に生まれて初めてのパドルアウトができたので、満足です。




パドリングしても全然前に進まないし、小さいボードの上にバランス良く座っているのが難しいし、もっと大きなボードにすればよかったと後悔しましたが、いずれにしてもトラックが必要です。

ノースショアにいると、セレモニーは海上で行われる事が多いので、サーフィンはできなくても、せめて自力で海上に行けるようにならないと、追悼の儀式に参加できません。

誰よりも遅く海上の輪の中に合流したと思うけれど、いつか到着すると思ってのんびり景色を楽しみながら進んでいきました。とにかく、無事行って、無事帰ってこられました!

少しだけ自信になりました。あーーー、良かった。




本当はまだワイメアの海には行きたくなかったけれど、「マレカの生まれて初めてのパドルアウトをブロックも見ていると思うよ!」というドリック母さんの挑戦的な一言で参加する事になった訳ですが、結果的にやってみて良かったです。

こういう場所へ行く度にブロックの事をよく知っている。という人に会い色んな話を聞く事ができます。そういう時は少し嬉しくなって、家に帰って「今日こんな人に会ったよ!知ってる?」と話しの続きを聞きたくなります。


2016年7月20日水曜日

鉢植え販売再開しました。

久しぶりの更新となりますが、鉢植えの販売を再開いたしました。育てやすいものから、希少種まで19品種追加いたしました。種の品種限定も9種追加しています。この機会にお気に入りの品種がありましたら、ぜひコレクションに追加してください。

こちらのショップはすべてクレジットカード決済となっております。種のみの場合は送料100円、鉢植えは一律1000円となっております。

発送前に伝票番号をお知らせするメールをお送りいたします。パソコンからのメールが受信できるよう設定をお願いいたします。



2016年7月18日月曜日

夏だというのに、落葉。

今まで気づかなかったけれど(品種によっては?)こんな時期からゆっくりと下葉が落ち始めています。水が足りていないのか...なども考えられますが、今年の夏は雨が多いので、干からびる程水不足ではないと思います。

常夏ハワイだから、ずっと生長し続けているような気がしていましたが、そうでもないようです。プルメリアなりのサイクルがあって、早く動きだしたものは、早く花が咲き、花が咲き終わると落葉し、次の開花に備えているようにも思えます。

日本で鉢植えで育てている時にはあまり違いがあるように思えませんでしたが、自然の状態では、早咲き品種とそうでないものの違いが随分あるように思えます。





2016年7月15日金曜日

ハワイアンプルメリア:キモ

ノースショア、ワイアルアのシュガーミル(サトウキビ工場の跡地:今は石鹸工場とギフトショップが併設されて観光名所となっています)にある1本のプルメリアはKIMO(キモ)だと思います。



断言している割には、これ以上近寄って見なかったので間違えていたらごめんなさい....。KIMO(キモ)はハワイの男性によくある名前です。ハワイ系のプルメリアは黄色のレイフラワーに使用されるCELADINE(セラディーン)を含めたくさんありますが、KIMOはオレンジ色のプルメリアとして代表的なプルメリアです。



ワイアルアの街はとてもノスタルジックで古いハワイの風景が残っていて好きです。背景の山がいつも壮大で、美しいです。

週末の朝市とか、月一で行われている図書館の古本市とか、広いコインランドリーとか、その隣に新しくできたコーヒーショップとか、ブロックが毎朝通っていたトレーニングジムとか、Tシャツを作るときにはここの人にお願いしようと思っているプリント工場とか、全く看板の出ていない不思議なステッカー工場(やる気がないのかと思いきや、急いでいる事を知ったら、翌日刷り上がったステッカーを家まで届けてくれるすばらしいサービス)など、地元の人のための小さいビジネスがたくさん存在する楽しい場所でもあります。

(c) northshoresoapfactory

ワイアルアの魅力はそのくらいにして、ヤシの木や他の木々に挟まれて窮屈そうですが、ほぼ自然の樹形のままのKIMOが農場にあるので写真を撮りました。すぐ隣には用水路が通っているので水を勝手に補給していると思われます。葉っぱが青々としていて健康そうです。



農場の丘の上には大きな貯水槽(ため池)があり、蛇口をひねると山の上から下のパイプへと自然と水が流れていくしくみになっています。これらのしくみはすべてここが昔、サトウキビ畑だった時から使われていたものです。工場が稼働していた頃は、ここの丘から、ハレイワの街を抜けて、そのままワイアルアのサトウキビ工場まで一直線にトラックが走り抜けられるようになっていました。今でもハレイワのコーヒーギャラリーの裏手から道を挟んで、大きな黄色いゲートがいくつも残っていますが、それらはその名残りです。





キモはハワイのテッド・チンさんという方が交配した種です。「ハワイアンプルメリア」らしいプルメリアをいくつか挙げてください。と言われたら、Celadine, Kauka Wilder, Lei Rainbowに続き、間違えなくこの品種を含めると思います。

KIMO


追記>>下記メールいただきました。ありがとうございます!

先日、ハワイ旅行中に私も石鹸工場に行きました。その工場のプルメリアがめちゃくちゃ可愛かったので大きく写真を撮りました。









2016年7月13日水曜日

久しぶりの農場

なんだかんだと忙しく、久しぶりの農場でした。朝、農場に到着したらレインボーがお出迎えをしてくれました。嬉しかったです。カッティングをお手伝いし、ドロドロで帰宅。


少し前に撮った写真ですが、JL Metallicaが満開でした。


パープル色がかった花色は褪せるとグレーになり、遠くからでもなんだか不思議な雰囲気を漂わせています。


これも少し前の写真ですが(落ちているのを拾ったので少し色が悪いですが)JL SHOW OFFがすごい大きかったので思わず写真を撮りました。花弁の厚みは本当にすごいです!!!香りはローズでした!



 造園の人が木が掘り起こす時には余分な枝は剪定されます。


シンガポールの枝がいっぱいあったのを、思わず家に持って帰って植えました。貧乏性です。なんかかわいそうで...。家を建てている人が結構いるので、根付いたら友人の家にプルメリアを植えに行く事にします。やっぱりハワイの庭にはプルメリアが必要でしょ!


夕方は久し振りのウォーキング。セブンイレブンで買った歌舞伎揚げ(なんと、ガリガリ君も売ってます!)を食べながらの散歩はなんの運動にもなりません。ただの気分転換です。ノドだけは乾きました。


落ちたばかりと思われる(グリーンだったので)ヤシの実を帰り道に拾いました。


家に帰ってナタで上部を切り落とし、フレッシュなココナッツウォーターを飲みました。さっぱりとして美味しいです。ほんのり甘みのある「お水」って感じです。


2016年7月6日水曜日

DWARF OBTUSA

数回見かけたけれど、その後どこにあるか行方不明だった(そんな事はないのだろうけれど、探した時には見つけられなかった...)プルメリアをようやく発見!

オブツサ種の矮小2種のご紹介。

1)DWARF SINGAPORE WHITE(ドゥワーフ・シンガポール・ホワイト
丸葉の矮小種です。

Dwarf Singapore White


この農場のプルメリアコレクションは世界中のプルメリアコレクター(プラントハンター)によって集められた様々なプルメリアがあります。かなり稀少なプルメリアだと思われるのが、次の矮小シンガポールです。

2)DWARF SINGAPORE(ドゥワーフ・シンガポール)。シンガポールプルメリアの真の矮小タイプで、花も香りも葉のサイズもシンガポールと同様なのですが、大きくなりません。インドで見つかったものだと思われます。



光沢のある葉が美しい

後ろの木と比べても小さいのが分かります

花は通常のシンガポールホワイトにかなり近いです


あまり数がないので、こういうのは増やしていきたいな、と考えています。


2016年7月5日火曜日

SP. ISABELLA / TUBERCULATA

スピーシーズ(SP.)は原種の事を指します。原種から進化をとげて現在の園芸品種(交配種)が生まれています。

原種はハワイ大学のDR.クライリー教授が過去に調べていましたが、それでもあまり良く分からないくらいなので、私の中ではなんとなく深入りしたくない分野でもあります。(本気で知りたくなったら西インド諸島とか行かないといけなくなるでしょ。)

枝は細く、花は可憐で白花、種をたくさん付けるのも特徴です。

その中でも、唯一好きなのが『イザベラ』。原種とは思えない存在感が好きです。

Izabella (Sp.)


何より、この明るい葉色と幅広の葉がとても好きです。(どのプルメリアとも違い、まるでアジサイのようです)

Isabella (Sp.)


花を見ると原種っぽい雰囲気があります。香りも少しあります。

Isabella (Sp.)


もう一つあげるとしたら、Tuberculata(チューベキュラータ)。こちらも原種(Sp.)です。可愛らしい印象のプルメリアを覆す「悪」な感じのプルメリアです。

Tuberculata (Sp.)

これは花より、枝を楽しむプルメリアですね。プルメリアが「サボテン」だとういう事がなんとなく分かる一つです。ゴツゴツしています。

Tuberculata (Sp.)

葉は丸葉で明るい色をしています。

Tuberculata (Sp.)


他にも数種、原種といわれるプルメリアが存在していますが、よくここから色んな色や形が生まれたものだと感心します。交配は長い時間をかけて変種が生まれたり、偶然とか、色々な条件があるのかと思いますが、プルメリアが、バラやハイビスカス並みに多くの種類が生まれて良かった!プルメリアの魅力は園芸品種(色や形や香り)の多様性にあると言っていいと思います。


Sp. Stenophyllus





2016年7月4日月曜日

Dwarf 種

プルメリアのプロットマップ(農場の品種リスト)の作成がこの夏の課題ですが、思ったよりちゃんと進んでいます。(あと”ほんの”30列!!!)

こうなってくると、セラディーンのみが植わっている列が一番嬉しく感じてきます。。。



新しい花を見つけられるのもお楽しみでしたが、調子の悪い木を見つけられるのも良かった点です。JL シャンデリアの木がほぼ枯れかかっていたので、バッサリ切りおとして様子を見ていました。ダメかと思っていたら、新芽が!!!レスキュー成功です。

緑色のスプレーは農場で目立つ為に色を付けてあります。(4輪バイクで踏まれたり、芝刈り機に巻き込まれたりすると困るので)



上部はトップジンMで切り口をコーティングしておきましたが、レスキューできたという事は、もしかしたら効果があったのかも知れません。4月に大量のトップジンMペーストをネットでオーダーして、友人に持ってきてもらいました。御土産でいただいた1kgのボトルは面白かったけれど、残念ながら使いにくいです(笑)

今年はとてもお世話になったので、日本曹達さんにお礼のお手紙でも書きたい気分です。

ありがとう〜!by Plumerias


JL シャンデリアは、丸葉の矮性(Dwarf)種で、とても良い品種なのでレスキューできて本当に良かったです。花の写真は撮れませんでしたが、花が咲いたら観察しておきます。

先端の枝がいくつか大丈夫そうだったので、植えておいたら全部育ってしまいました。今度は一気に増えた感じがします。。。植物の面白いところでもあります。

JL Chandelier


こちらは、とても変わっているので、面白いと思って増やしている品種。JL エレガンス。超!矮性なので(Dwarfよりさらに矮小の『Extreme Dwarf』と位置づけしておきます。)葉も光沢があって肉厚で観賞用としてもとても綺麗だと思いました。


JL Elegance

写真はいっぱい撮っているのですが、なかなか投稿が間に合わず....。また色々ご紹介していきたいと思います。







2016年7月3日日曜日

Celebrate of Life

2016年6月26日、ブロックのセレモニーが行われました。前日には農場からプルメリアの花をたくさん摘み、ティーリーフやモンステラ、ジンジャー等をいろんな人が手伝ってくれて庭から集めました。すべてが手作りなので新しい事を色々覚えました。

800名分の食事を作ってくれた方、家族がパドルアウトできる頑丈なカヌーを作ってくれた方、美しい花々で会場を飾ってくれた方、テントを前日に建ててくれたライフガードの友人、受付でかわいい笑顔を見せてくれていたキッズ(ブロックが自分の子供のように可愛がっていた友人のこどもたち)、忙しいスケジュールの合間にハワイに戻ってきてくれた多くのサーファーやスタントマンの友人、素敵なミュージシャン、そして来られなかったけれど気持ちを送ってくれていた多くの人。




何百人もの人が一斉に海にパドルアウトする様子はまるで映画のワンシーンを見ているようで、とても現実の事とは思えませんでした。

ワイメアベイは「愛」で満たされていいました。




家族を乗せた特製の大きなカヌーから遺骨をワイメアの海に戻した後、クラークがその海にジャンプしてとても嬉しそうな笑顔を見せていました。それを見た後、ケリースレーターがバックフリップで海に飛び込み、追ってクラークも(多分何十年ぶりかの)バックフリップを成功させました。私もブロックのいる海に入りたい!と思って、海に飛び込んみ、それを見たジムがなんと、海に飛び込んだ!

その一連を見てブロックは笑っていたに違いない。。。




ブロックリトルには常に驚かされっぱなしです。
これからも驚かされる事があるのかな。
ちゃんと私のことを守ってくれるかな。
今はなんだか空っぽになってしまいました。

video

video clip (c) @jake_of_all_trades from intagram


video

video clip (c) @ericsterman from intagram




ひとまず、ご報告まで。ご心配してくれた方々ありがとうございました。

2016年7月2日土曜日

予約苗本日発送予定です

ご予約していただいた、JL Plumeria Hawaiiの苗は本日発送を予定しております。発送後、伝票番号をお知らせいたしますので、しばらくお待ちください。

どうぞよろしくお願いいたします。


追記>>発送いたしました。伝票番号をメールしております。どうぞよろしくお願いいたします。